> ニュース > 2012年のニュース > 【プレスリリース】クラウド連携サービスSkyOnDemandにクラウド機能を増強
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【プレスリリース】クラウド連携サービスSkyOnDemandにクラウド機能を増強


2012年11月1日
株式会社テラスカイ
テラスカイ、クラウド連携サービスSkyOnDemandにクラウド機能を増強
―「Googleスプレッドシートアダプタ」、「Gmailアダプタ」、SalesforceとAmazon S3間のファイル受け渡しを容易にするアダプタを追加―

  クラウドとシステム連携に特化したサービスやソフトウェア開発を行なう株式会社テラスカイ(以下、テラスカイ 本社:東京都中央区)は、Force.com、Amazon Web Services、Google Apps、Windows Azureなどパブリックなクラウドサービスと、企業内の基幹システムなどとのデータ相互連携を短期間、かつ柔軟に実現するSaaS型サービス「SkyOnDemand」に新たな機能を追加し、12月3日(月)より提供開始します。

  新バージョンでは、 GoogleスプレッドシートとGmailの新アダプタを実装します。これにより、Google Appsを利用している企業でのデータ連携ニーズに対応します。また、ニーズの高いSalesforceとAmazonS3間のファイル連携を容易にできる新アダプタも追加します。

  その他、連携元と連携先のデータ項目の関連付けを行うMapperのパフォーマンスがおよそ6倍向上(※当社調べ)するなど、開発機能の改良を行いました。

【おもな新機能】
1. Googleスプレッドシートの新アダプタの追加
Googleスプレッドシートアダプタの追加することにより、スプレッドシートの読み書きが可能になりました。

2. Gmailの新アダプタの追加
Gmailアダプタにより、Gmailサーバーに接続してメールの送受信が可能になりました。

3. SalesforceとAmazonS3ファイル受け渡しを容易にする新アダプタの追加
ニーズの高いSalesforceとAmazonS3間でのファイルの受け渡しを、より容易にできるように新アダプタを追加しました。これにより、開発工数が削減され、パフォーマンスが向上しました。

4. パフォーマンスの向上
連携元と連携先のデータ項目の関連付けを行うMapperのパフォーマンスが大幅に改善されました。また、デバック実行のパフォーマンスも改善されました。

  その他、メールアダプタのSSL/TLS、STARTTLS接続の対応や、プロジェクト自動保存機能など、より開発生産性を高める機能を多数実装しています。
  今回のバージョンアップ内容は、12月6日(木)に開催されるセールスフォース・ドットコム社のイベント『Cloudforce 2012』にて、テラスカイ・NTTソフトウェア共同出展ブースでご覧いただけます。


<「SkyOnDemand」の特長>
  「SkyOnDemand」は、「クラウド⇔社内の基幹システム」間、あるいは、「クラウド⇔クラウド」間のデータ連携を、SI事業者へ依頼することなく、ドラッグ&ドロップで設定できる新しいSaaS型サービスです。SaaS型サービスによる月額課金のため、初期費用を抑えることができます。
  ・ 4大クラウドなどのパブリック・クラウドに対応
  ・ 連携処理構築に必要な操作のすべてを、ブラウザ上のインターフェースに統合
  ・ クラウドとの連携に特有の機能を実装
  ・ テストなどに利用できるクローン環境(Sandbox)を提供
  ・ 月額料金制のため、低コストでの導入、維持が可能


<株式会社テラスカイについて>
  テラスカイは、クラウドとシステム連携を核とするソフトウェア開発・コンサルティング事業等を行なっています。創業時よりセールスフォース・ドットコム社のコンサルティングパートナーとして、650社を超えるお客様への導入サービスを行なってきました。その実績により培ったノウハウを基に、お客様の業務効率を高める革新的なソリューションを提供しています。テラスカイの詳細はこちら にてご覧いただけます。

■本件に関するお問い合わせ先

□株式会社テラスカイ
マーケティング&コミュニケーション 担当:田中
TEL:03-5255-3410 
または
□共同PR株式会社
担当: 渡辺
TEL:03-3571-5380 

※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加