改正保険業法への対応と合わせ、売れる保険営業の仕組みを構築します。保険業界で培った実績と経験を活かした保険代理店向けソリューションです。

保険代理店ソリューション IAS
(Insurance Agency Solution)

世界最大の営業支援サービス「Salesforce」+「IAS」で、保険代理店の募集業務を効率的に変革します。
意向把握など、改正保険業法で求められる体制整備義務にも対応し、売れる保険営業の仕組みを構築します。

PDCAサイクルによる経営・組織力向上

Salesforceの特長

IASは、世界No.1のクラウドサービス「Salesforce」上で稼働しています。
世界15万社が活用するSalesforceの営業支援機能をフル活用し、営業力強化=「攻める募集」を実現します。

  • リアルタイムの見える化
  • 顧客情報の一元化
  • 抜け漏れの防止

業法改正への対応

体制整備における、代理店の皆様のお悩みを解決します。

  • 意向把握/情報提供
  • 監査への対応
  • 募集人の管理

クラウドのメリット

自社内のシステム構築と比較し、クラウドサービスのIASは多くのメリットがあります。

クラウドの場合 社内に構築した場合
導入スピード すぐ始められる サーバー購入、セットアップが必要
導入コスト 利用料金のみ ソフトウェア費用、設備投資、調達コスト
運用コスト 月額費用だが、法改正などの変化にも無償で対応 保守費用のみ。法改正時はバージョンアップが必要
モバイル対応 無料で提供 VPNなどの環境構築が必要
セキュリティ 例えるなら銀行 例えるなら社内の金庫
拡張性 小規模〜大規模でも対応。拠点が増えてもOK ネットワーク、サーバー構成の見直しが必要

IASの主な機能

保険募集業務に特化したソリューションのため、多くの機能を標準搭載しています。

  • 募集アンケート機能
  • 募集人管理機能
  • 意向把握管理機能
  • 意向把握確認表出力機能
  • 情報提供(推奨商品)機能
  • 契約・手数料データインポート機能

機能の詳細をご覧になる場合は、こちらから

導入事例

株式会社アイ・ティ・コンサルティング様

株式会社アイ・ティ・コンサルティング

代表取締役社長

林 健一郎 様

今回の業法改正で、会社は膨大な管理業務を、募集人は膨大な報告業務を求められることとなりますが、これらを後ろ向きに捉えることなく、プラス要素への転換をはかる手段としてIAS導入を決定しました。
11月のIAS実装と同時にPDCAプロセスへ移行する予定であり、今後IASが弊社における業務上のプラットフォームへと成長することを期待

株式会社UCS

株式会社UCS

リース事業部

損保代理店を基点に、生保営業・保険ショップを展開してきた経緯から、システムが生保・損保・リースそれぞれ事業別に構築されており、顧客の一元管理を実現させることが急務でした。
保険業法改正へ迅速に対応可能であること、セールスフォースのCRM/SFA機能による営業力強化、大規模な特定保険募集人にあたるため、当局への報告資料作成機能の3点の課題解決のため、IASを採用しました。

価格

月額 \4,000/1user

詳細はお問い合わせください。

サービス提供の流れ

  1. STEP1 お申込み
    まずは本ページよりお問い合わせください。
    お電話でも受け付けております。
  2. STEP2 初期セットアップ
    お客様独自の管理項目などをヒアリングし、IASに設定します。
    オプションにてデータ移行も承りますので、ご相談ください。
  3. STEP3 IASご利用開始
    クラウドサービスのためすぐに利用開始できます。
電話受付
03-5255-3410
受付時間
平日 9:30~18:00

よくあるご質問

Q.IAS導入までの期間はどれぐらいですか?
A.IASのインストール・初期設定は約1ヶ月程度です。※その他、『既存データの初期移行』『初期保有データ』『定期保有データの取込み完了』『トレーニング』の完了まで含めますとIASの利用開始までに約3ヶ月程度の期間が必要です。
Q.取扱い商品の種類に制限はありますか?
A.IASでは、『生保(個人、法人、団体)』『損保(個人、法人、団体)』の保険商品の取扱いが可能です。