> > BIツール導入支援サービス

BIツール導入支援サービス

BIとは

高度な意思決定を可能にするツール

BIとは、Business Intelligence の略語で、蓄積されたデータを加工し、高度な意思決定に必要な判断材料を抽出し、BIツールとは、それを実現可能にするツールのことです。
多くのBIツールがありますが、その中でもSalesforceの製品群の一つ、Einstein AnalyticsはSalesforceとスムーズに連携でき、より意思決定を迅速にするツールです。

高度な意思決定を可能にするツール

BIツール導入支援サービス

データ活用で、PDCAの高速化を

テラスカイでは、Einstein Analytics(旧Wave Analytics)を中心としたBIツールの導入支援を行っています。
Salesforce上の営業データなど、ビジネスに関するさまざまな情報を、複合的な条件や抽出などを行うことによって、状況の把握、経営判断のための分析をサポートします。

PDCA活用データ活用で、PDCAの高速化を

こんな人におすすめ

毎月の営業報告のために数字をまとめるのが大変

エクセルとPCのアイコン

さまざまな会議での数字の報告、集計だけでも大変だが、フォーマットまで指定されて余計に時間がかかる。

PDCAを回しているつもりだが、分析ができていない

PDCAを回しているつもりだが、分析ができていない

データはあるが、分析までが一苦労。データ加工作業に時間がかかり、改善策を考えるまでに時間がかかる。

CRMやERPで蓄積したデータを活用できていない

CRMやERPで蓄積したデータを活用できていない

苦労して導入したCRMやERP。データは溜まってきたが、バラバラのシステムなので手作業でまとめる必要があり、社内のデータを見える化まで辿り着けない。

BIツールの特徴

BIツールの代表的なものにSalesforce社が提供するEinstein Analytics、WingArc1st社が提供するMotionBoardがあります。
BIツールであればCRM上のデータだけでなく、外部データを取込みクロス集計を行ったり、ダッシュボード上に合わせて視覚化することが可能です。
会社にある貴重なデータを最大限活用することができます。

デバイスを問わず使用可能

BIのダッシュボードは、PCでもタブレットでもスマートフォンでも閲覧することが可能です。
社外での打ち合わせや、電車で移動中でも、すぐに欲しいデータを見ることができます。

デバイスを問わず使用可能

分かりやすくきれいなグラフ

BIツールを使えば、データをいつでも可視化できます。
表計算ソフトでデータを加工する必要もなく、データが一覧で表示されます。
誰でも見やすく分かりやすいデータでPDCAが加速します。

分かりやすくきれいなグラフ

CRMとの連携

Einstein Analyticsならば、Salesforceの製品であるSalesCloud、ServiceCloudの標準オブジェクトに対応したテンプレートになっているので、Salesforceとのシームレスな連携が可能です。
分析結果のレポートからSalesforceのレコードへ直接遷移させる設定もできます。
また、Chatterへの投稿や画像でのダウンロードが可能で簡単に共有できます。

CRMとの連携

テラスカイの3つの強み

1社1社に合わせた独自の提案力

1社1社に合わせた独自の提案力

複数のBIツールに精通したコンサルタントチームが、お客様のビジネス状況をヒアリングし、お客様1社ごとに最適なBIツールの提案を致します。

Salesforceとの連携

Salesforceとの連携

テラスカイはSalesforceの実績が多数あり、Salesforce関連に強みを持っています。
要件定義、開発から運用も含めたワンストップのサービスが可能です。

BIツール導入支援サービスについてもっと知りたい

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
[お電話でのご相談] 03-5255-3410
[受付時間] 平日 9:30〜18:00