導入相談専用ダイヤル 03-5255-3410  [受付時間 平日9:30-18:00]

お問い合わせ

Flosum | Salesforceのリリース管理、バージョン管理、データ移行を効率化

Flosumとは

Salesforceプラットフォーム上で稼働するリリース管理システム

Salesforceのリリース管理やCI(継続的インテグレーション)の運用を効率化するアプリケーションです。100%Salesforceプラットフォーム上で稼働し、システムのリリースやバージョン管理など、開発者・システム担当者にとって負担が大きい作業工数を削減します。

Flosumイメージ図

Salesforceの開発・運用における課題

こんな課題ありませんか?

・変更セットを使っているが設定、処理に手間がかかる
・バージョン管理や追加・修正箇所の把握を簡単に行い、反映漏れをなくしたい
・Salesforce DXやGitHubを使うほど開発・運用チームがこなれていない
・アプリケーションのデプロイ、リリースをもっと簡単に実施したい
・リリースをスケジュール実行したい
・リリース内容のロールバックを簡単に行いたい

Flosumが選ばれる理由

AppExchangeで最も評価されたアプリ

100%Salesforceのネイティブアプリである強みがあります。メタデータ操作・処理用の専用組織がFlosumから提供され、対象コンポーネントの取捨選択、Diff機能、リリース操作など全て、その組織でやり取りすることができます。
変更セットのようにリリース内容の送受信を環境毎に作成・処理する必要が無く、一旦コミットした内容をマニフェストにまとめてリリースしたり、別環境で再利用することもできます。
また、Salesforceの組織統合や組織分割の際に課題にあがる、組織間比較、影響度分析などの用途でも活用されています。

継続的
インテグレーション

継続的に改善・リリースをするプロジェクトに最適な機能を備えています。変更・リリース対象のコンポーネントのバージョンを随時確認でき、同一組織/他組織のスナップショット/リポジトリ間の相違箇所を確認できます。
また、相違がある箇所をリリース対象に付加することも可能です。開発者・管理者が設定/開発リソースをRepositoryにコミットすることで、事前に定義した対象組織に自動デプロイが可能です。

バージョン管理システムとの連携

Flosumは単体でもバージョンコントロール機能を提供していますが、
サードパーティのバージョン管理システムであるGit、Subversion(SVN)、Team Foundation Server(TFS)、Visual Studio Team Services(VSTS、現Azure DevOps)と連携することも可能です。
例えばGit連携であれば、Flosumをフロントエンドで使い、Gitをバックグランドとする構成や、FlosumとGitで双方向での変更内容を反映させる構成が可能です。Flosumは宣言的コンポーネント、Lightningコンポーネント、静的リソース等のマージも可能です。

ユースケース

複数チームでの開発を効率化

開発する機能ごとに複数の内製化チームにわかれ、それぞれの環境で開発しています。そして、チーム内検証・共通する部分の検証・全体のパフォーマンス検証などの工程で開発を進めます。各検証にFlosumを利用することで、差分把握・マージ作業・調査作業が効率化されました。

Flosumのユースケース図

データセットを移行できるサービスData Migrator

Data Migratorとは

FlosumのData Migratorは、Salesforceの組織間で、開発者が数分で完全なデータセットまたはデータのサブセットを移行設定できるサービスです。移行したいデータを項目選択、条件指定、件数確認を行いながら、且つオブジェクトのリレーションと整合性を保持したまま、ターゲット組織に対してデータの移行実行が可能です。

DataMigratorイメージ図



Salesforceの開発・テストにおける課題

・Sandboxへのデータロード時にData LoaderやETLツールを使っているが、手間がかかる。
・データ移行時必要に応じて移行データのロールバックを簡単に実施したい。
・本番環境から必要なオブジェクト、データを取捨選択して簡単にデータ環境の設定を行いたい。
・データのマスキングも簡単に行いたい。
・オブジェクトのリレーションを考慮して必要なデータセットを必要な件数だけ構築したい。


Data Migratorの主な特長

ローカルのPC/サーバー環境を使わず、Salesforce内に既に存在しているデータ環境からSandboxへ、クラウドからクラウドで開発テスト/受け入れテスト(UAT)/問題検証用にデータ環境を構築できます。
またマスキングしたい項目をダブルクリックするだけで、ランダムアルゴリズムにより文字列変換されます。
対象オブジェクトを定義する際に、主従/参照関係を持つオブジェクトを自動的に検索し、選択できます。実際に移行する前に対象レコードの件数を画面上で確認することができます。
移行したデータセットを、全体または個々のオブジェクトを指定してロールバックすることができます。

市場からの評価

AppExchangeサイトで5点満点の評価

Salesforceのアプリストア、AppExchangeサイトでの評価をご覧ください。
250件以上のレビューで5点満点の評価を受けており、97%のお客さまがFlosumをおすすめしています(2020年11月時点)。

レビュアーからの声(一部AppExchangeサイトより抜粋)



★★★★★5
優れた履歴管理機能
Salesforceの変更セットには履歴管理機能がありません。これは私のチームを管理する際の大きな問題でした。なぜなら、開発者は権限があれば別の組織に変更を加えることができますが、監査者は誰が組織に変更を加えたかを追跡しないからです。しかし、Flosumを使用すると、組織へのすべての変更を自動的に追跡でき、本番環境へのすべての変更をソースまで追跡できます。



★★★★★5
リリースプロセスが10倍速くなりました
FlosumはForce.comプラットフォームにネイティブなので、Salesforceコードに対応しています。これにより、変更の比較とマージが非常に簡単でスピーディーになります。また、Flosumを使用すると、コーディングのベストプラクティスを取り入れることができ、正しいコードを本番環境に移行できます。コードがシステムに変更を加えることをコントロールできるので、後から修正対応にかかる莫大な時間を短縮できます。



★★★★★5
データの移行がもはや苦ではありません!!
Data Migratorを導入するまではリレーションデータを移行できず、一度に一つのオブジェクトしか移行できませんでした。Data Migratorを導入することで、データの階層全体を移行できます。Flosumのデータ移行ツールは100%ネイティブなので、サードパーティのソースを使用する必要がありません。また、データをサブセット化できるので、移行する必要のある項目・レコード・オブジェクトを選択できます。



AppExchangeサイトでレビューを見る
※Salesforce.com(英語のみ)へ遷移します

Flosum についてもっと知りたい

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
[お電話でのご相談] 03-5255-3410
[受付時間] 平日 9:30〜18:00

お問い合わせ

導入相談専用ダイヤル

03-5255-3410受付時間 平日9:30-18:00

導入をご検討中のお客様

テラスカイ製品のご購入をご検討中の方や、テラスカイへのお問い合わせは、こちらからお寄せください。

お問い合わせ

製品をご契約中のお客様

テラスカイ製品をご利用のお客様の技術的なお問い合わせは、こちらからお寄せください。

技術的なお問い合わせ

トップへ戻る