導入相談専用ダイヤル 03-5255-3410  [受付時間 平日9:30-18:00]

お問い合わせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SkyVisualEditor」 V12.0 バージョンアップ

2019年11月15日
株式会社テラスカイ

「SkyVisualEditor」 V12.0 バージョンアップ

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、Salesforceの画面をノンプログラミングで開発できるツール『SkyVisualEditor』を、2019年12月15日(日)にV12.0へバージョンアップします。

このリリースをPDFで開く

▼新しいSkyVisualEditorのユーザーポータル画面 新しいSkyVisualEditorのユーザーポータル画面

<主なバージョンアップ内容>

■Windows版 Studioの提供開始

Microsoft Silverlight およびInternet Explorer 10・11のサポート終了予定 (※1) に伴い、新たにユーザークライアント上で動作するWindows版 Studioの提供を開始します。Windows版Studioは、これまでのStudioに比べ以下のメリットがあります。

  • 処理速度が150~350% (※2) 程度速いため、多くのコンポーネントが配置されたページを快適に作成できます。
  • Studioをローカル上から直接起動できるため、素早く利用できます。
  • サポート期限が迫っているSilverlight 5とIE11環境が不要のため、安心して継続利用が可能です。

※1) Microsoft公式サイト Silverlight のサポート終了日 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4511036/silverlight-end-of-support
※2)当社調べ
■Lightning Component版Studioの提供開始

Lightning Componentをノンコーディングで作成できるAppExchangeアプリ『SuPICE』は、これまでSkyVisualEditorとは別サービスとして提供していましたが、Lightningの普及と開発者の利便性を鑑み、今回のバージョンアップでSkyVisualEditorに統合します。新たに提供されるLightning Component版Studioは、これまでのSkyVisualEditorのUIを踏襲しており、現在SkyVisualEditorを利用中のユーザーも、新規ユーザーにも直感的に操作しやすいツールとなっています。

▼Lightning Component版Studioの画面 Lightning Component版Studioの画面
※現在SkyVisualEditorをご利用中のお客様が本機能をご利用になる場合は、契約変更が必要となります。詳しくは営業担当にお問合せください。

その他バージョンアップの詳細は、リリースノートにてご確認ください。

https://www.terrasky.co.jp/news/SkyVisualEditor_ReleaseNote_V1200.pdf

SkyVisualEditorについて Salesforceの画面をノンプログラミングで開発できるツールです。マウスのドラッグ&ドロップだけで、簡単にVisualforceページの生成することができます。また、Lightning Experienceにも対応しているので、VisualforceページのLightning移行をスムーズに行うことが可能です。

https://info.skyvisualeditor.com/

*本文中に記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

導入相談専用ダイヤル

03-5255-3410受付時間 平日9:30-18:00

導入をご検討中のお客様

テラスカイ製品のご購入をご検討中の方や、テラスカイへのお問い合わせは、こちらからお寄せください。

お問い合わせ

製品をご契約中のお客様

テラスカイ製品をご利用のお客様の技術的なお問い合わせは、こちらからお寄せください。

技術的なお問い合わせ

トップへ戻る