ユーザ情報の登録・更新におけるメール通知について(まとめ)

ユーザ情報の登録・更新におけるメール通知パターンについて、まとめます。

まとめ!

  • 有効ユーザ、凍結ユーザは同じ挙動。無効ユーザは異なる。
  • 組織のメール設定:「すべてのメール」「システムメールのみ」は同じ挙動。「アクセス権限なし」の場合、メール送信されない。その代わり、メールアドレス変更をコミットできないなどの難点がある。
  • メール送信が想定されるアクションは、新規登録、ユーザ名の変更、パスワードリセット、メールアドレスの変更
  • メール送信の発火条件は過去3年変わっていないようだが、メールタイトルは変化している。

各アクションごとの詳細

ユーザ新規作成
I/F 方法 / オプション メール 例外
SF標準画面 「パスワードをリセットしてユーザに通知する」:ON 「Salesforceパスワードリセットのお知らせ」 組織のメール設定(アクセス権限なし)
SF標準画面 「パスワードをリセットしてユーザに通知する」:OFF メール送信なし なし
DataLoader メール送信なし なし
Apex メール送信なし なし
ユーザ更新:パスワードリセット
I/F 方法 / オプション メール 例外
SF標準画面 「パスワードのリセット」ボタンクリック 「Your XX Edition パスワードのリセット完了」 ・組織のメール設定(アクセス権限なし):メール送信されないため変更できない。
・無効ユーザ(パスワードリセット不可のため)
DataLoader パスワードリセットできない。
Apex Systemクラス resetPasswordメソッド 「Your XX Edition パスワードのリセット完了」 ・組織のメール設定(アクセス権限なし):メール送信されないため変更できない。
・無効ユーザ(左記メソッドを利用するとエラーになります。。)
ユーザ更新:ユーザ名の変更
I/F 方法 / オプション メール 例外
SF標準画面 直接編集 「Salesforceユーザ名は変更されました」または「新しい xxx ユーザ名でログイン」

・組織のメール設定「アクセス権限なし」:変更のコミットはされる。
・無効化ユーザ:変更のコミットはされる。

DataLoader ユーザ名変更できない。
Apex データ上書き 「Salesforceユーザ名は変更されました」または「新しい xxx ユーザ名でログイン」

・組織のメール設定「アクセス権限なし」:変更のコミットはされる。
・無効化ユーザ:変更のコミットはされる。

ユーザ更新:メールアドレスの変更
I/F 方法 / オプション メール 例外
SF標準画面 直接編集

(旧)「Your XX Edition アカウントのメールアドレスが変更されました」
(新)「Your XX Edition アカウントのメールアドレスの変更完了」

・組織のメール設定(アクセス権限なし):メール送信されず、変更されない。
・無効化ユーザ:メール送信されず、変更されない。

DataLoader データ上書き

(旧)「Your XX Edition アカウントのメールアドレスが変更されました」
(新)「Your XX Edition アカウントのメールアドレスの変更完了」

・組織のメール設定(アクセス権限なし):メール送信されず、変更されない。
・無効化ユーザ:メール送信されず、変更されない。

Apex データ上書き

(旧)「Your XX Edition アカウントのメールアドレスが変更されました」
(新)「Your XX Edition アカウントのメールアドレスの変更完了」

・組織のメール設定(アクセス権限なし):「すべてのメール」「システムメールのみ」に変更しても、メール送信されず、結果変更できない。

・無効化ユーザ:有効化したタイミングでメール送信され、URLリンクのクリックでコミットされる。

本テーマ「ユーザ情報の登録・更新におけるメール通知」は、本稿にて最終にします。もし異なる挙動を発見した場合は本稿を訂正します。