導入相談専用ダイヤル 050-3198-9009  [受付時間 平日9:30-18:00]

お問い合わせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SkyVisualEditor」V20.0をリリース

2023年12月18日
株式会社テラスカイ

「SkyVisualEditor」V20.0をリリース「フレキシブルデータテーブル」のインライン編集機能により、Salesforce上でExcelのような操作性を実現

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役CEO 社長執行役員:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、Salesforceの画面開発ツール「SkyVisualEditor」を2023年12月17日(日)にV20.0にバージョンアップいたしました。

今回のバージョンアップでは、SkyVisualEditor LCの「フレキシブルデータテーブル」の機能追加を行いました。かねてより多く要望いただいていたレコードのインライン編集機能が追加され、コンポーネント上で直接レコードを追加編集できます。また、初期表示時のデフォルトレイアウトの設定が可能になりました。デフォルトレイアウトは管理者による基本設定と、ユーザーごとの設定のどちらにも対応可能です。

主なバージョンアップ内容は以下のとおりです。

■フレキシブルデータテーブルでレコードの編集が可能に
フレキシブルデータテーブルにインライン編集機能が追加され、コンポーネント上でレコードの更新が可能になりました。インライン編集機能の特徴は下記となります。
-「編集した項目」「保存時エラー発生した項目」「エラー発生後に修正した項目」を背景色やアイコン表示により視覚的にわかりやすく表示
-レコード保存時に発生したエラーはフレキシブルデータテーブル上部にわかりやすく一覧表示
-SalesforceモバイルアプリケーションおよびiPad Safariに対応
-インライン編集1回で最大500件までレコード更新可能
インライン編集可能なSalesforceデータ型の詳細については、ヘルプドキュメントをご参照ください。

画面1

フレキシブルデータテーブルインライン編集機能の特徴

■フレキシブルデータテーブルで初期状態のレイアウト適用が可能に
フレキシブルデータテーブルの初期表示時に使用するデフォルトのレイアウトが設定可能になりました。
これにより画面やコンポーネントを更新する度にフレキシブルデータテーブルが初期レイアウトにリセットされることがなくなりました。
また「システム管理者による基本設定」と「各利用ユーザーによるレイアウト設定」の両方でデフォルトレイアウトは設定可能なため、全ユーザーで共通となるレイアウトを指定しつつ、ユーザー側で自身に合わせたデフォルトレイアウトの適用が可能となります。

画面2

各利用ユーザーによるデフォルトレイアウトの設定

■フレキシブルデータテーブルで業務に必要な項目や機能のみ有効化が可能に
フレキシブルデータテーブルで利用可能な項目の指定や各機能のON/OFFなど詳細な機能設定ができるようになりました。またこの機能設定はSalesforce組織としての共通の設定はもちろん、特定ユーザーに対する個別の設定も可能です。
全ユーザーに共通で適用される「基本設定」と、特定ユーザーのみ優先して適用される「ユーザー設定」の2種類の設定があるため、「CSVエクスポートは基本設定では利用不可だが、特定ユーザーのみ利用可能にする」といったカスタマイズが可能となります。

画面3

フレキシブルデータテーブル機能設定の流れ

「基本設定」と「ユーザー設定」で制御可能なフレキシブルデータテーブル機能の一覧

制御可能な
フレキシブルデータテーブル機能
全ユーザーに共通で適用する設定
設定可:〇
設定不可:×
特定ユーザーのみ優先する設定
設定可:〇
設定不可:×
デフォルトレイアウトの指定 ×
表示可能な項目の指定 ×
編集可能な項目の指定 ×
CSVエクスポートのON/OFF
ExcelエクスポートのON/OFF
インライン編集のON/OFF
レイアウト管理のON/OFF
項目選択のON/OFF

■レイアウトの表示/非表示の切り替えが可能に
Studio上で配置したレイアウトの表示切替を実現する新ユニット「カスタムトグルボタン」が追加されました。
カスタムトグルボタンでは、左右それぞれのボタンでコンポーネント内に配置したレイアウトの表示・非表示の切り替えが可能なため、対象コンポーネントの業務用途に合わせて、必要な項目や機能を配置したレイアウトのみを出し分けることができます。

画面4

カスタムトグルボタンによるSalesforce上でのレイアウトの表示切り替えの例



画面5

Studio上におけるカスタムトグルボタンの配置と設定

バージョンアップの詳細は、リリースノートにてご確認ください。
https://www.terrasky.co.jp/files/SkyVisualEditor_ReleaseNote_V20.0.pdf

SkyVisualEditorについて

Salesforceの画面をノンプログラミングで開発できるツールです。マウスのドラッグ&ドロップだけで、簡単にVisualforceページの生成することができます。また、Lightning Experienceにも対応しているので、VisualforceページのLightning移行をスムーズに行うことが可能です。

https://info.skyvisualeditor.com/

*本文中に記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

導入相談専用ダイヤル

050-3198-9009受付時間 平日9:30-18:00

導入をご検討中のお客様

テラスカイ製品のご購入をご検討中の方や、テラスカイへのお問い合わせは、こちらからお寄せください。

お問い合わせ

製品をご契約中のお客様

テラスカイ製品をご利用のお客様の技術的なお問い合わせは、こちらからお寄せください。

技術的なお問い合わせ

トップへ戻る