導入相談専用ダイヤル 03-5255-3410  [受付時間 平日9:30-18:00]

お問い合わせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレワークや拠点間の情報共有を支えるコミュニケ―ション基盤としてT-TOPがmitocoを採用

2020年5月22日
株式会社テラスカイ

テレワークや拠点間の情報共有を支えるコミュニケ―ション基盤として
T-TOPがmitocoを採用

株式会社テラスカイ(東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、株式会社T-TOP(大阪府大阪市 代表取締役:村田 達也、以下T-TOP)が、「mitoco(ミトコ)」を採用したことを発表します。T-TOPはmitocoの導入によりスケジュール管理の効率化と申請手続きの電子化を進め、テレワーク中や出向中でも問題なく社内コミュニケーションを進められる体制づくりを行いました。

T-TOPは、ハウスメーカーや、電気・ガスなどのインフラ系大手企業を顧客に持ち、一般消費者に対する設備提案やアフターメンテナンスなどの営業代行を主要事業として急成長してきました。事業の拡大にともない、複雑な営業情報が属人化し、複数組織で情報が重複してしまうといった課題が出てきました。組織と事業の次の成長を見すえ、社員がストレスなく営業活動を行えるように、会社としてシステム化に舵を切りました。
そこで、同社が営業支援システムとして選択したのがSalesforce Sales Cloud(以下、Sales Cloud)でした。

【mitoco採用背景】
T-TOPは、システム移行をよりスムーズに行うために、Sales Cloudを補完するスケジュール管理システムを導入することになりました。そこで、各営業スタッフの活動スケジュールが把握しやすく、操作性の良いインターフェースであることを重視し、mitocoと他のサービスを比較検討した結果、インターフェースの良さに加え、ライセンス料金が安価であること、ワークフローや掲示板など、今後同社に必要になるに違いない機能が備わっていたことが決め手となり、mitocoの採用を決定しました。 mitoco導入によるメリット
  • テレワーク中や出向先でも、社員の活動を視覚的に把握できる
  • あらゆる情報が1箇所にまとまったことで、情報共有が効率的に
  • 当初想定していなかった業務についても、mitocoの機能をベースに効率化を進められる

T-TOPでは、もともと予定していたmitocoの「カレンダー」アプリに加え、「ワークフロー」アプリの利用により、稟議に関する紙書類と押印手続きを撤廃し、「掲示板」アプリを重要な連絡事項に利用するなど、mitocoを活用した業務改革を進めています。

株式会社T-TOP 代表取締役 村田達也様のコメント

「本格的な業務システムを導入するのは初めてですが、mitocoによって業務の効率がどんどん変わってきたことがわかります。これから更に成長をしていく当社としては、若い人材に一層活躍してもらいたい。そのためには社員が働きやすく成果を上げやすい環境を整えることが重要であり、mitocoのような業務システムが鍵になるでしょう。」

<mitocoについて>

Salesforceをプラットフォームとするクラウド時代のグループウェアです。UIに優れたカレンダーや掲示板、複雑な組織に対応可能なワークフローなどコミュニケーションを円滑にし、生産性を向上するアプリをSalesforceで提供します。ワンプラットフォームへの情報集約により、コミュニケーション量の可視化も実現します。
https://www.mitoco.net/

*本文中に記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

導入相談専用ダイヤル

03-5255-3410受付時間 平日9:30-18:00

導入をご検討中のお客様

テラスカイ製品のご購入をご検討中の方や、テラスカイへのお問い合わせは、こちらからお寄せください。

お問い合わせ

製品をご契約中のお客様

テラスカイ製品をご利用のお客様の技術的なお問い合わせは、こちらからお寄せください。

技術的なお問い合わせ

トップへ戻る