導入相談専用ダイヤル 03-5255-3410  [受付時間 平日9:30-18:00]

お問い合わせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SkyVisualEditor」 V13.0 バージョンアップのお知らせ

2020年5月27日
株式会社テラスカイ

「SkyVisualEditor」 V13.0 バージョンアップ

SkyVisualEditorを2020年6月28日(日)にV13.0 へバージョンアップいたします。

当バージョンアップでは、主に2019年12月に提供を開始しましたLightning Component版Studio(SkyVisualEditor LC版)の機能強化を行います。

<SkyVisualEditor LC版バージョンアップ内容>

■新規ユニット「データテーブル」の追加

新規ユニット「データテーブル」が追加されます。これにより、主オブジェクトに関連するオブジェクトのレコード内容が表示可能になります。加えて、新規レコードの追加や項目値の編集が可能となり、業務シーンで有用なコンポーネントの作成ができます。

▼取引先レコードページに配置したデータテーブル データテーブルイメージ ■新規ユニット「カスタムボタン」の追加

新規ユニット「カスタムボタン」が追加されます。これにより、JavaScriptを実行できるボタンが任意の位置に配置できるようになります。このため、業務向けの本格的な処理を実装したLightning コンポーネントの作成ができます。

また、JavaScriptの知識が少ない方でも簡単に開発を進められるように、「遷移元に戻る」や「特定のURLを開く」、「Apexクラスの特定メソッドの呼び出し」などの業務上で利用頻度の高いJavaScriptは、サンプルコードが用意されています。

SkyVisualEditor LC版はその他にもビルダー設定機能や、テキストユニットの自由度を増す機能を追加しています。

<SkyVisualEditor VF版>

SkyVisualEditor VF版では、ご要望があった機能改善や不具合対応を実施しました。

バージョンアップの詳細は、リリースノートにてご確認ください。
SkyVisualEditor_ReleaseNote_V1300.pdf

SkyVisualEditorについて Salesforceの画面をノンプログラミングで開発できるツールです。マウスのドラッグ&ドロップだけで、簡単にVisualforceページの生成することができます。また、Lightning Experienceにも対応しているので、VisualforceページのLightning移行をスムーズに行うことが可能です。

https://info.skyvisualeditor.com/

*本文中に記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

導入相談専用ダイヤル

03-5255-3410受付時間 平日9:30-18:00

導入をご検討中のお客様

テラスカイ製品のご購入をご検討中の方や、テラスカイへのお問い合わせは、こちらからお寄せください。

お問い合わせ

製品をご契約中のお客様

テラスカイ製品をご利用のお客様の技術的なお問い合わせは、こちらからお寄せください。

技術的なお問い合わせ

トップへ戻る