> ニュース > 2016年のニュース > 「トレジャーデータサービス」がテラスカイのシステム連携サービス「SkyOnDemand」と連携
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「トレジャーデータサービス」がテラスカイのシステム連携サービス「SkyOnDemand」と連携

2016年4月21日
トレジャーデータ株式会社
株式会社テラスカイ
「トレジャーデータサービス」がテラスカイのシステム連携サービス「SkyOnDemand」と連携
~複雑かつ激増する大量データを、分析プラットフォーム
「Salesforce Wave Analytics」で容易に利用することが可能に~


トレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三橋 秀行、以下 トレジャーデータ)が提供するクラウド型データマネージメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」に、株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下 テラスカイ)のデータ連携ツール「SkyOnDemand」が、2016年4月21日より対応いたしました。

このリリースをPDFで開く

 クラウド型のデータマネージメントサービス(DMS)である「トレジャーデータサービス*1」は、複雑なデータ連携をコーディングすることなく短期間で実現するクラウド型連携サービス「SkyOnDemand*2」との連携により、各種可視化ツールやデータベースなど、豊富な接続先にノンコーディングで対応することが可能となります。「SkyOnDemand」は、株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO 小出 伸一、以下 Salesforce)の分析プラットフォームである「Salesforce Wave Analytics」とも連携していることから、企業における営業・マーケティング関連のデータを、様々なデバイスで容易に有効活用できるようになります。

なお、今回の連携に対して、株式会社セールスフォース・ドットコム 専務執行役員 アライアンス本部長 保科 実氏は次のように述べています。「日々発生する社内外のあらゆる大量データを収集し、データ分析ソリューションWave AnalyticsとEAIツールを通じて連携することが可能となり、IoT時代に求められるデータにもとづいたスピード経営をさらに促進することを期待しています。」

<データ連携概要図>


*1トレジャーデータサービスとは
ワールドワイドでサービスを提供している、デジタルマーケティング領域やIoT領域で活用されるビッグデータ処理のクラウドサービス。オープンソースのログ収集基盤である「fluentd(フルーエントディー)」やバルクデータをバッチ処理するためのツール「Embulk(エンバルク)」を利用して、Webサービスやモバイルアプリ、サーバー、センサーなどから、大容量のログデータやセンサーデータを効率的に集めることができる。収集されたビッグデータは、「トレジャーデータサービス」を利用して処理され、各種デジタルマーケティングツールやデータベースシステムと連携することが可能。

*2 SkyOnDemandとは
クラウドとの連携に特化したクラウド型システム連携サービス。「クラウド⇔基幹などの社内システム」間、あるいは「クラウド⇔クラウド」間のデータ連携をドラッグ&ドロップで設定することができ、短期間で柔軟な連携構築を実現。 SkyOnDemandの詳細:https://info.skyondemand.net/sod/

<トレジャーデータ株式会社について>
2011年12月、米国シリコンバレーに設立された米国トレジャーデータ社は、ビッグデータのプラットフォームの提供を専門としています。大容量の購買取引データやWeb閲覧データ、各種のアプリケーションやモバイル端末のログデータ等、様々な非構造化データに対応して、ビッグデータを一定の月額課金で収集・保管・分析するクラウド型データマネージメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」を提供しています。さらに、センサーデータやマシンデータ等、IoT分野におけるビッグデータへの対応も強化しています。日本では、2012年11月に国内の事業開発および技術開発の拠点としてトレジャーデータ株式会社を設立、また、2015年1月にソウル支社を開設、アジア太平洋市場における本格的な事業展開を開始しています。
Webサイト: https://www.treasuredata.com/jp/

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加