> イベント > 2013年のイベント > DeveloperConference Tokyo 2013に出展します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DeveloperConference Tokyo 2013に出展します

※このイベントは終了いたしました。ご参加頂きました皆様ありがとうございました。

『DeveloperConference Tokyo 2013』 

  本カンファレンスではモバイル x クラウドに焦点を当て、HerokuやForce.comなどを中心としたモバイル開発手法についてのセッションが行われます。

テラスカイも、ユーザー数50万人超の画面開発サービス「SkyVisualEditor」を出展いたします。
実際のユーザー様が、どのような画面を開発し、なにを改善したのか、具体例をあげて紹介します。

--- 概要 ------------------------------------------------------------------------------------

日時2013年9月6日(金) 開場9:30 -
主催(株)セールスフォース・ドットコム
場所会場:JP タワー ホール&カンファレンス 4F
東京都千代田区丸の内 2-7-2
対象Salesforce ユーザ様、クラウドベースのアプリケーションにご興味のある方
参加費無料(要事前登録)


--- テラスカイ講演 ------------------------------------------------------------------------------------


session【4-2】Force.comMVPによる、深掘り Force.com!
—今岡]システム連携のデザイン考察 & [讃岐]Force.com開発あるある—


Force.comをこよなく愛するMVP2名による、プロジェクトにいますぐ役立つForce.com深掘りセッションです。 実際に多くのForce.comプロジェクトで得られた知見を惜しげもなく披露いたします。

■前半『システム連携のデザイン考察』:今岡 純二(株式会社テラスカイ 取締役 ソリューション本部部長)
Force.comの利用領域がその導入効果により拡がるなか、外部システムやモバイルとの連携ニーズはとても多くあります。一方でForce.comがクラウドサービスであるため、これまでの経験や知見が有効に使えるか?といった悩みや不安もあるでしょう。本パートでは、具体的な外部システムと連携させる上での検討ポイントを具体例を交えお伝えします。
■後半『Force.com開発あるある』:讃岐 行(株式会社テラスカイ ソリューション本部ソリューションスペシャリスト)
Force.comのエンジニアが遭遇するあるあるネタです。中には困った場面もあるかもしれませんが、そういった状況に遭遇した時の対処方法も合わせてお話ししたいと思います。

お申込み、詳細はこちら:セールスフォース・ドットコム社の申込ページ

このイベントは終了しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加