> イベント > 2012年のイベント > システム統制と現場ニーズを両立させるSalesforceの"画面開発"
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

システム統制と現場ニーズを両立させるSalesforceの"画面開発"

※このセミナーは定員に達した為受付を終了いたしました。
1月にも同テーマのセミナーを開催致しますのでこちらをご覧ください。
【 2013/01/24ユーザー事例から学ぶSalesforceを活かす画面設計 セミナー】

システム統制と現場ニーズを両立させるSalesforceの"画面開発"
- 35万ユーザーでSalesforceを利用する損保ジャパン様が登壇  -


  12/6(木)開催の『Cloudforce Japan』での講演が、あっという間に満席になってしまいましたので、追加セミナーを開催します!
損保ジャパン様には、より具体的に事例をお話しいただく予定です。

  国内約4,000社に導入されているSalesforceが、多くのユーザーに選ばれる理由の1つとして挙げられるのが 「カスタマイズのしやすさ」 です。
しかし、その柔軟性を保ちシステム統制を行うために、入力のしやすさ、検索のしやすさ、情報の見渡しやすさなどをおろそかにしてしまうケースがあります。

  『SkyVisualEditor』 は、その 「カスタマイズのしやすさ」 そのままに、画面開発ができるツールです。
『SkyVisualEditor』を利用すれば、業務効率を改善し、Salesforceの定着化を促し、企業革新を導くインターフェイスを、トライ&エラーしながら作成することができます。

  このセミナーでは、損保ジャパン IT企画部企画グループ グループリーダーの村上様をゲストにお迎えし、この『SkyVisualEditor』を選択した経緯と利用法法などについてご講演いただきます。
また、実際にご利用いただいているその他のお客様がどのようにご利用になり、どのような課題を解決したかも合わせてご紹介いたします。

皆様のご参加をお待ちいたしております。


 概  要 
主 催 株式会社テラスカイ
日 時 2012年12月14日(金) 15:00-17:00 (開場 14:45)
会 場 テラスカイセミナールーム
※地図は[こちら]をご確認下さい
対 象 Salesforceユーザー様
Salesforceの導入を具体的に検討中の企業のご担当者様
※お申込み多数の場合は、上記対象者の方を優先のうえ、抽選とさせていただきます。
参加費 無料(事前申し込み制)

 プログラム 
15:00-15:40 Salesforceでの画面開発、そのメリットとデメリットをお客様事例を交えて紹介
15:40-16:10 ユーザー事例:株式会社損害保険ジャパン様
16:10-16:45 今日から使える画面を作る!SkyVisualEditor で画面開発
16:45-17:00 質疑応答
※プログラムは予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

このイベントは終了しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加