> イベント > 2011年のイベント > Salesforceの入力画面をノンプログラミングでデザインしよう―ドラッグ&ドロップの簡単操作で思い通りの入力画面を実現するSkyEditor―
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Salesforceの入力画面をノンプログラミングでデザインしよう―ドラッグ&ドロップの簡単操作で思い通りの入力画面を実現するSkyEditor―

※このセミナーは終了いたしました。ご参加頂きました皆様ありがとうございました。
Salesforceの入力画面をノンプログラミングでデザインしよう
―ドラッグ&ドロップの簡単操作で思い通りの入力画面を実現するSkyEditor―

  テラスカイでは、これまで350社以上のお客様のSalesforce導入をお手伝いしてまいりました。
そこで多くお客様がおっしゃったのが、独自の入力画面をコストをかけてでも開発したいというご要望です。

しかし、実際に自由に入力フォームをデザインしようと思うと、コストや開発期間のかかる個別開発が必要となり、クラウド導入のメリットを損なってしまうというジレンマがありました。

そのジレンマを解消するために、Salesforceの設定と同じくらいの手軽さで、もっと自由な画面を開発できる画面開発ツール「SkyEditor」をリリースいたしました。
このSkyEditorをデモを交えて、どれだけ手軽か、どこまでできるかをご紹介するセミナーです。

皆様のご参加をお待ちいたしております。

 概  要 
主 催 株式会社テラスカイ
日 時 2011年4月19日(火) 15:00-17:00 (開場 14:45)
会 場 テラスカイ4階セミナールーム
※地図は[こちら]をご確認下さい
対 象 Salesforce CRM/Force.comをご利用中のお客様
または導入を検討されているお客様
Salesforce販売パートナー様
参加費 無料(事前申し込み制)

 プログラム 
15:00-15:30 Salesforceの導入と定着を左右する入力フォームのデザイン
どんなにいいシステムを導入しても、データが入力されなくては意味がありません。導入の成功を決定する"入力しやすい画面設計"とはなにか、実際のお客様の導入事例に基づくノウハウをご紹介します。    
15:30-16:30 ノンコーディングでの画面開発を実現するSkyEditor2
思い通りの入力画面がほしいが、画面を開発するとなると期間もコストもかかってしまい、クラウドを導入したメリットが半減してしまう。このジレンマを解消するのが「SkyEditor2」です。御社のビジネスのスピードに合わせ、いつでも作成、修正ができる「SkyEditor2」で、どのような画面を作ることができるのかをご紹介します。
16:30-17:00 デモ体験/質疑応答/個別相談
デモ機をご用意しておりますので、SkyEditorを実際に体験していただけます。 操作性のよさ、スピード感をぜひお試しください。
※プログラムは予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

このイベントは終了しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加