Dreamforce2016 Day3:Commerce Cloud

みなさん こんにちは。Dreamforce3日目、佐々木がお届けします。
今日は、Marketing Keynote、Sales Keynote、CommerceCloud Keynote、Einstein Keynoteの
4つのProduct Keynoteのなかから、先月発表されたばかりのCommerce Cloudについて
Keynoteの内容を中心にSessionやブースで聞いてきたことを書きます。

Commerce Cloudとは

キーワードは、One to One

これまでの、ショッピングサイトは、Static Content、Dynamic Merchandisingなど
One to Allが中心でした。今は、One to Someになりつつあるが、次は、ひとりひとりの顧客の
嗜好やニーズ、購入動向に合わせた、One to Oneマーケティングの戦略がカギとなってきます。
Commerce Cloud ライフサイクル

Commerce Cloudで何が変わる?

  • Commerce Cloudは、Web、モバイル、ソーシャル、実店舗といったすべての販売ポイントに対応
     あらゆるチャネル・デバイスに対応することで、機会損失を防ぐ
  • モバイルFirst、店舗でのオペレーションに対応可能
     多くのユーザがモバイルで買い物をする時代。e-コマースもモバイルファーストが求められる
     店舗での販売計画もサポート
  • Einstein(AI)によるショッピングサイトの自動カスタマイズ
     One to Oneマーケティングの実現、顧客ごとに最適化された、ショッピングサイトの提供
  • Apple Payによる決済
     モバイルからの決済の煩わしさを解決し、販売機会損失を防ぐ

Commerce Cloudの導入実績

53カ国で1,800サイトを超えるお客様、そして、2016年で行った取引は160億ドルを超えています。

Commerce Cloudの有益性

Commerce Cloud Advantageとして、3つの導入事例を中心に話がありました。

Faster Inovation
Predictive Commerce
Unified Experience

DF16_Commerce1

事例もすごかったのですが、やはりなんといってもここでもEinstein!

Commerce Cloud Einstein 

One to Oneのマーケティングを実現させるための3つのポイント

Product Recommendations

パーソナライズされた商品の案内をWebやモバイル、店舗で実現されます。
例えば、あるファッションブランドのサイトをAさんとBさんでが見ていたとします。
同じブランドのサイトを見ていても、見ている商品が異なると、おすすめされる商品が
異なります。また、同じ商品であっても、過去の買い物や閲覧履歴から、おすすめされる
商品の順番がことなります。
さらに、おすすめされる商品だけではなく、見ている商品に関連する商品なども表示されます。

ちょっと分かりずらいのですが、選んだ商品に対して、パーソナライズされおすすめやデザインが似たものが表示されます。

DF16_Commerce2

Productive Email

直近の購入履歴などから、おすすめのキャンペーンなどをEinsteinが判別し、
Eメールを送信できます。
また、ソーシャルメディアなどでのつぶやきに応じてMarketing Cloudで取込判別し、
顧客に適したメールをEinsteinがInsightとして表示してくれるので、そのおすすめから
選択し、メール配信することも可能です。

Commerce Data Model

豊富なデータにより、Einsteinがよりレバレッジの効いたデータ分析を可能としてくれます。

気になるCommerce Cloudの構成は?

ちょっと写真がうまくとれず、見えずらいのですが・・・
Commece Cloudのプラットフォームは、下記のような構成となっています。

DF16_Commerce5

ショッピングサイトなどのeコマース部分は、主にJavaScriptでできているそうです。
また、Salesforceの組織とは、RESTfulAPIで統合することができるということでした。
サイトは、テンプレートが準備されていますが、ドラッグアンドドロップで画面開発が
できるわけではないため、現時点では、一般のユーザの方にはちょっとハードルが高い
かもしれません。

最後に

CommerceCloudは、ServiceCloudやSalesCloudとは、別のクラウドプラットフォームとなります。
日本のメーカでは、ユニクロが導入しているそうです。また、プーマ、個人的には馴染みがある、
BurtonもCommerceCloudを使っており、私も知らず知らずのうちにEinsteinに分析され、あこれも
いいねと、「ポチッ」っとクリックしているんだなぁと思いました。
新しいSalesforceファミリー、これからお買いもするときは、少し意識したいなと思います。

おまけ

Quipの情報です。
ちょっと気になったので、ブースにいってきました。
Quipは、モバイルからでも、ドキュメント作成ができ、各ドキュメントに対して、同僚や仲間との
コラボレーションができるツールです。ドキュメントにスプレッドシートや画像の挿入もできます。

Salesforceの組織との統合は、Winter17または、Spring17ぐらいになるらしいです。
Quip側で、ドキュメントに対して、Salesforceのレコードにメンション(赤枠部分)することで、
紐づくそうです。

DF16_Quip2SalesforceのAccountの画面では、Quipドキュメントが統合されて表示されます(赤枠部分)

DF16_Quip1


<Dreamforceフィードバック勉強会>

今年もやります!『TerraSky Power Night Dreamforce Feedback!! 』
Dreamforceに参加したテラスカイのエンジニアが、現場の生の情報をテクノロジーカットでお伝えします。
またとないこの勉強会にぜひご参加ください。Dreamforceについて語り合いましょう!

dreamforce