導入相談専用ダイヤル 03-5255-3410  [受付時間 平日9:30-18:00]

お問い合わせ
Amazon Web Services:AWSから最適なサービスを取捨選択し、企業ニーズにマッチしたシステムを構築

AWSと繋ぎたい

データ連携サービス

データ連携サービス

クラウド連携サービス「SkyOnDemand」を自社で開発し、多くの企業に導入することでこれまで培ってきたデータ連携のノウハウをもとに、AWSとオンプレ環境にあるシステムやSalesforceなどのクラウドサービスを連携させる仕組みを構築します。

データ連携の事例

プロジェクトの中で対応してきた、さまざまなシステム連携を、課題と解決策とともにご紹介します。

データ連携の事例

Case.1 Salesforce ⇔ S3連携

概要

Salesforce上に登録した顧客情報に対して紐付いた画像データをAWSに格納して管理。
顧客情報と画像データの一括管理を可能に。

背景・課題

・大量の画像データを扱う必要がある
・画像データ一括登録が必要(一晩で数百ファイル)
・Salesforce外からも、ファイルサーバのようにアクセスできる必要がある

解決策

・Amazon S3をストレージとして活用
・Salesforce⇔S3を裏で紐付
・UIはSalesforceに統一

Salesforce⇔S3連携

Case.2 Salesforce ⇔ BIシステム連携

概要

Salesforce上に登録されているデータと社内システムのデータをマッチング処理し、BI(ビジネスインテリジェンス)システムに蓄積。より詳細な分析、統計処理が可能になり、店舗への手厚い販売支援を実現。

背景・課題

・複数システムからデータを収集する必要がある
・収集したデータの加工が必要
・詳細な統計処理、分析、グラフ表示し、レポート配信を行う必要がある

解決策

・Amazon EC2にBIシステムを構築
・Salesforceと基幹システムのデータをマッチング

Salesforce⇔BIシステム連携

Case.3 Salesforce ⇔ RDS連携

概要

外部システムで作成されたマスタデータをAWSに蓄積。
Salesforceから呼び出すことで、マスタの一括メンテナンスが可能に。

背景・課題

・大量のマスタデータを格納する必要がある
・データの取り込みはバッチで一括実行する必要がある
・Salesforceにデータ登録する際、マスタデータの検索を実行したい

解決策

・Amazon RDSをデータストアとして活用
・Salesforce⇔RDSを裏で紐付
・UIはSalesforceに統一

Salesforce⇔RDS連携

Case.4 Salesforce ⇔ RDS連携(アーカイブ)

概要

Salesforce環境にある保持期間の長いデータ(10年以上)をAWSにアーカイブ。
検索画面をSalesforceに用意し、Salesforce内のデータと同時に検索することが可能に。

背景・課題

・検索頻度の低いデータの保持
・長期間のデータ保存
・データ保持によるパフォーマンスの低下

解決策

・Amazon RDSをデータストアとして活用
・Salesforce⇔RDSを裏で紐付
・UIはSalesforceに統一

Salesforce⇔RDS連携(アーカイブ)

このような方にオススメです!

・Salesforce上のデータを安価なAWSサービスに置き換えたい。
・連携サーバを立てるコストを削減したい。
・複数システムからデータを収集する必要がある。
・保存期間の長いデータによるパフォーマンスの低下を改善したい。

VPCスターターパック

VPCスターターパック

VPN接続をご検討中のお客様へAWS環境とお客様拠点間をVPN接続するサービスです。
このサービスの導入により、AWS環境を社内ネットワークの一部として利用可能です。

初期設定作業範囲

・Amazon VPC設定変更
・現地でのVPNルーター設置・設定作業
・プロバイダ業務(固定IP払い出し等)
 ※ご注文いただいてからVPN開通まで、約1か月間ほど必要になります。
 ※インターネット回線については、お客様にて準備いただく必要がございます。

初期設定作業範囲

運用作業範囲

・Amazon VPCの障害切り分け・サポートサービス(平日10:00 - 19:00)
・24時間365日のVPN回線の運用監視(プロバイダ業務、ルーターレンタル、VPN接続監視)
 ※アルテリア・ネットワークス社が提供します。
・VPCについての問合せ対応
 ※別途AWS課金代行サービスへのご加入が必要となります。

このような方にオススメです!

・社内ネットワークの一部としてAWSを利用したい。
・回線内部から確実な接続監視をして欲しい。
・専用線を引きたいが費用は安く抑えたい。
・データをクラウドに保管したくない。

お問い合わせ

導入相談専用ダイヤル

03-5255-3410受付時間 平日9:30-18:00

導入をご検討のお客様

テラスカイ製品のご購入をご検討中の方や、テラスカイへのお問い合わせは、こちらからお寄せください。

お問い合わせ

製品をご契約中のお客様

テラスカイ製品をご利用のお客様の技術的なお問い合わせは、こちらからお寄せください。

技術的なお問い合わせ

トップへ戻る