導入相談専用ダイヤル 03-5255-3410  [受付時間 平日9:30-18:00]

お問い合わせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SkyVisualEditor」にSlack連携機能を追加 Salesforce画面からSlack上のコミュニケーションが可能に

2022年5月12日
株式会社テラスカイ

「SkyVisualEditor」にSlack連携機能を追加Salesforce画面からSlack上のコミュニケーションが可能に

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役CEO 社長執行役員:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、2022年5月にSalesforceのノーコード画面開発ツール『SkyVisualEditor』において、Salesforce上でSlackでのコミュニケーションを実現するコンポーネントをサービス開始します。

Slack連携イメージ

テラスカイでは、SalesforceとSlackを活用することの相乗効果により、部門間や顧客企業とのスピーディで生産的なコミュニケーションを実現し、ビジネスの加速に貢献できると考え、両プロダクトの導入を提案するとともに、当社製品とのコラボレーションを検討してまいりました。
このたび、コラボレーションの第一弾として、『SkyVisualEditor』にSalesforce上でSlackでのコミュニケーションを実現するコンポーネントを追加しました。

SkyVisualEditorで実現できること

  1. 1.SalesforceのレコードとSlackのチャンネルを紐づけて表示
  2. 2.Slackのチャンネルメッセージを、Salesforce画面にタイムライン表示
  3. 3.Salesforce画面からSlackのチャンネルにメッセージを投稿
  4. SalesforceにSlack画面

    例えば、営業社員は商談を確認しながら、別部門の社員とSlackで対話して、商談成功に向けた施策を検討することができます。また、サービス担当者は、問い合わせ対応履歴(ケース)を確認しながら、顧客や担当部門と対話し、迅速に解決をはかることができます。Salesforceコンポ―ネントにおけるSlackの会話は、会話先がSlackを利用している相手であれば可能です。

    テラスカイは、Slackを利用した顧客・パートナー・同僚との活発なコミュニケーションと、Salesforce画面を見ながらの顧客への最適解の探求により、ビジネスの成功への歩みが加速すると確信しています。SkyVisualEditorを始めとするテラスカイのプロダクトが、Slack、Salesforce活用の壁を取り除き、更なる成果をだせるよう開発を強化してまいります。

    *SlackとSalesforceは株式会社セールスフォース・ジャパンが提供する製品です。

    SkyVisualEditor

    Salesforceの画面をノーコードで開発できるツールです。マウスのドラック&ドロップだけで、簡単にVisualforceページやLightning Componentを生成することが出来ます。 Salesforce上でのお客様独自の業務アプリ構築や、UI改善によるSalesforceの定着化に役立ちます。
    https://info.skyvisualeditor.com/

    *本文中に記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

導入相談専用ダイヤル

03-5255-3410受付時間 平日9:30-18:00

導入をご検討中のお客様

テラスカイ製品のご購入をご検討中の方や、テラスカイへのお問い合わせは、こちらからお寄せください。

お問い合わせ

製品をご契約中のお客様

テラスカイ製品をご利用のお客様の技術的なお問い合わせは、こちらからお寄せください。

技術的なお問い合わせ

トップへ戻る