導入相談専用ダイヤル 03-5255-3410  [受付時間 平日9:30-18:00]

お問い合わせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物流サービスの大崎、mitocoを導入して全国営業拠点のテレワーク推進

2021年4月8日
株式会社テラスカイ

物流サービスの大崎、mitocoを導入して全国営業拠点のテレワーク推進
契約関連の申請フローを2週間で電子化

株式会社テラスカイ(本社所在地:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、株式会社大崎(物流サービス業、本社所在地:東京都品川区大崎 代表取締役社長:武田 一衛、以下大崎)が、クラウド型のコミュニケーションプラットフォーム「mitoco(ミトコ)」を採用したことを発表します。大崎は、クラウドの利点を活かし、導入決定後わずか2週間で、新規取引を進めるうえで重要な販売・売上関連の契約と仕入・購買関連の契約ワークフローを電子化し、テレワーク実施率の向上と意思決定の高速化を実現しました。

大崎はコロナ禍において、在宅勤務を率先して導入しました。在宅時の業務環境を整え、従業員の一層の働きやすさを追求する大崎は、オンプレミスの既存グループウェアからの移行タイミングで、クラウドのグループウェアの導入を検討しました。mitocoは、スピーディな運用開始が可能であること、40の営業拠点それぞれの承認フローにも対応できるようカスタマイズしやすいことが決め手となり採用を決定しました。

mitoco導入理由
  • ワークフローの管理が自社ででき、複雑なワークフローにも対応できる
  • 構築から利用開始まで時間をかけず、スピーディな運用が可能
  • 営業部門でSalesforceを利用しており、今後さらなる営業の業務効率化に繋げられる
  • これまでExcelでおこなっていた申請データの分析をSalesforceの標準機能を使って容易にできる

これにより、組織の統廃合、ビジネスモデルの大きな変更等に際してもシステムが足かせになることなく、顧客エンゲージメントの向上を図っていくことが可能となります。

大崎は、テラスカイとテラスカイのグループ会社、株式会社キットアライブ(本社所在地:札幌市 代表取締役社長:嘉屋 雄大)の支援を受けつつ、キックオフから約2週間でワークフロー機能の先行分をリリースし、2020年11月から各営業所に点在する300人が運用を開始しています。ワークフローをmitocoに移行したことで、以前は3日から1週間程度かかっていた申請プロセスが、最短1日で完了できるようになりました。

大崎では、お客様が持つ理想の物流像を実現し続けるため、業務効率化を目的としたワークフローの完全電子化に続き、お客様とのより良い関係性とコミュニケーション強化を目的に、お客様中心の情報管理をmitocoの活用により推進していく計画です。

<mitocoとは>

『mitoco』はクラウド時代のニーズとテクノロジーを基に開発したコミュニケーション・プラットフォームです。最大の特徴はSalesforceをプラットフォームとしている点であり、Salesforce上のCRMデータとの連携や、柔軟性の高い開発基盤上にカスタムアプリケーションを追加開発することも容易です。
https://www.mitoco.net/

*本文中に記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

導入相談専用ダイヤル

03-5255-3410受付時間 平日9:30-18:00

導入をご検討中のお客様

テラスカイ製品のご購入をご検討中の方や、テラスカイへのお問い合わせは、こちらからお寄せください。

お問い合わせ

製品をご契約中のお客様

テラスカイ製品をご利用のお客様の技術的なお問い合わせは、こちらからお寄せください。

技術的なお問い合わせ

トップへ戻る