導入相談専用ダイヤル 03-5255-3410  [受付時間 平日9:30-18:00]

お問い合わせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ALSOKあんしんケアサポート、緊急通報サービスの コールセンターシステムを刷新

2020年8月27日
株式会社テラスカイ
株式会社BeeX

ALSOKあんしんケアサポート、緊急通報サービスの コールセンターシステムを刷新Amazon Connectを採用し、次世代コンタクトセンターを構築

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下:テラスカイ)と株式会社BeeX(本社:東京都中央区 代表取締役社長:広木 太、以下:BeeX)は、ALSOKあんしんケアサポート株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役社長:尻無濱 秀治、以下ALSOKあんしんケアサポート)が、契約先の主たる自治体と契約している「緊急通報サービス」におけるコールセンターシステムの刷新に着手したことを発表します。コールセンターは自治体の要望への迅速な対応や提供サービスの多様化に備えた、Amazon Connectを利用した次世代型コンタクトセンターへと刷新されます。テラスカイとテラスカイのグループ会社であるBeeXがその構築を支援しています。

「緊急通報サービス」は、利用される高齢者の自宅に緊急通報装置を設置し、ケアを必要とされた方とあんしんセンターのオペレーターとが直接つながり、緊急度に応じた対応を行うものです。あんしんセンターでは、家族のほか、自治体、消防署、近隣の協力員の方などとも連絡を取り合い、利用者様の安心、安全を見守っています。 ALSOKあんしんケアサポートは、以下の理由でテラスカイグループが提案する次世代コンタクトセンターの構築を決定しました。

競争力強化

  • 連携が容易でバージョンアップが定期的に行われるAmazon Connectと顧客管理システム(CRM)によって、時代とともに変化する顧客ニーズにスピーディに対応
  • 顧客を軸に情報が一元化できるCRMによって、複数のステークホルダーと情報をセキュアに共有ができる

業務改善

  • システム担当者のサーバー管理・保守業務にかかる負担を無くし、従来担当者が行うべき戦略的システムマネジメントに注力できる
  • FAQレコメンド、リアルタイム音声テキスト化などの新技術を取り入れ、オペレーター業務を支援する仕組みを用意できる

BCP対策

  • サーバーの「所有」から「利用」を選択することで、データセンターの立地に依存せず、経営戦略上のオフィス移動や、データ所有の増減に対し容易な対応が可能となる

計画する次世代コンタクトセンターシステムのうち、Amazon ConnectへのリプレイスについてはBeeXが支援し、2020年5月から東京本社での運用を開始しています。音声基盤の移行はスムーズに実現し、音声品質の向上を図ることができました。全国拠点への展開は、今後計画しているCRMの刷新と合わせて予定しています。なお、新CRMへの移行は、テラスカイが支援いたします。

<株式会社BeeXについて> BeeXは、企業の基幹システムを中心としたエンタープライズシステムのクラウドインテグレーションを専業として、2016年3月に設立した新しい会社です。
基幹クラウド基盤構築とシステム移行から運用保守、コールセンターソリューション、クラウドネイティブアプリ開発までワンストップでサービスをご提供します。
所在地:東京都中央区銀座7-14-13 日土地銀座ビル10階
設立: 2016年3月
資本金:1億971万円(2019年3月1日時点)
代表者:代表取締役社長 広木 太
U R L:https://www.beex-inc.com/

※ アマゾン ウェブ サービスおよびAWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ その他記載されている、会社名、製品名、ロゴなどは、各社の登録商標または商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

導入相談専用ダイヤル

03-5255-3410受付時間 平日9:30-18:00

導入をご検討中のお客様

テラスカイ製品のご購入をご検討中の方や、テラスカイへのお問い合わせは、こちらからお寄せください。

お問い合わせ

製品をご契約中のお客様

テラスカイ製品をご利用のお客様の技術的なお問い合わせは、こちらからお寄せください。

技術的なお問い合わせ

トップへ戻る