導入相談専用ダイヤル 03-5255-3410  [受付時間 平日9:30-18:00]

お問い合わせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Quemixが、アニーリングマシンで小売物流における施設配置・選択問題を解きました

2020年6月5日
株式会社テラスカイ

Quemixが、アニーリングマシンで小売物流における施設配置・選択問題を解きました

テラスカイの子会社であるQuemixは、2019年9月よりモバイルコンピューティング推進コンソーシアム(以下、MCPC)が開始したアニーリングマシンを使った産業応用実験に参画し、株式会社野村総合研究所、富士通株式会社と実証実験に取り組んで参りました。当実証実験は2020年3月に終了し、このたびMCPCよりプレスリリースが発表されました。

Quemixは、倉庫と小売店舗間の物流において、倉庫のサービス提供能力を考慮した上で倉庫~店舗間の輸送コストと倉庫の運営コストを最小化する「倉庫と店舗の組合せを求める問題」の実証実験を、富士通のデジタルアニーラを用いて行ってまいりました。その結果、ステークホルダーの意思決定を支援するシステムの構築が可能であることを確認し、MCPCのプレスリリースにて成果を発表しております。

本プロジェクトの詳細は、以下ホームページにてご確認ください。
Quemix Post「アニーリングマシンで小売物流における施設配置・選択問題を解きました」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

導入相談専用ダイヤル

03-5255-3410受付時間 平日9:30-18:00

導入をご検討中のお客様

テラスカイ製品のご購入をご検討中の方や、テラスカイへのお問い合わせは、こちらからお寄せください。

お問い合わせ

製品をご契約中のお客様

テラスカイ製品をご利用のお客様の技術的なお問い合わせは、こちらからお寄せください。

技術的なお問い合わせ

トップへ戻る