> ニュース > 2016年のニュース > テラスカイ、IoT/M2M専業ソリューションベンダーのエコモットへ出資し、IoT事業を強化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テラスカイ、IoT/M2M専業ソリューションベンダーのエコモットへ出資し、IoT事業を強化

2016年1月14日
株式会社テラスカイ
テラスカイ、IoT/M2M専業ソリューションベンダーの
エコモットへ出資し、IoT事業を強化


クラウド・インテグレーションとシステム連携に特化したサービスやソフトウェア開発を行なう株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、IoT専業ソリューションベンダー、エコモット株式会社(本社:北海道札幌市 代表取締役社長:入澤 拓也、以下エコモット)への出資を、2016年1月29日付で行います。この出資により、テラスカイはエコモットの株式の3.6%を取得します。


このリリースをPDFで開く

■資本・業務提携の目的
当社は、クラウド時代を先導する「クラウド・インテグレーター」として、創業以来、企業のクラウドシステム導入へのニーズに応えてまいりました。近年大きな広がりを見せるIoT市場では、あらゆるモノをクラウドにつなぐことで、顧客に対して新たなサービス、製品を提供することが求められており、ハードウェアの選定、システムの構築、運用・監視までワンストップでのサポートが求められています。
エコモットは、IoT専業ソリューションベンダーとして、リモート計測・制御技術、モバイルコネクティビティを活用したIoTインテグレーションの分野において豊富な実績を有しております。
当社は、エコモットとの業務・資本提携により、エコモット社の有するIoTソリューションを当社の提供するクラウドインテグレーションに組み込んで企画・販売してまいります。又、当社のグループ会社でクラウドの運用監視を行う株式会社スカイ365とも連携し、今後高い成長が見込まれる企業のクラウドIoT活用をワンストップでサポートできる体制構築を目指してまいります。

■目標
今回の提携により、初年度 20社(4,500万円)、3年間で100社(2億2,500万円)の売上を目指します。



■資本提携の内容
取得方法:エコモットの株主が保有する株式の一部を当社が取得する方法により行います。
取得価額:28,820,000円
取得する株式数:110株
発行済株式数に対する割合:3.6%(平成28年1月14日現在)

■エコモット株式会社概要
商号  :エコモット株式会社
事業内容: IoTインテグレーション事業
設 立 :2007年2月19日
資本金 :5,350万円

■日程
業務・資本提携契約締結に関する取締役会決議:平成28年1月14日
業務・資本提携契約締結:平成28年1月14日
株式取得実行予定   :平成28年1月29日

■テラスカイ 代表取締役社長 佐藤 秀哉のコメント
今回の出資によって、これまで実現できなかったスピード感でお客様へのIoT導入を実施できるだけでなく、データの収集視点とエンドユーザー視点という異なる視点を統合することで、これまでにない発想でのソリューション、ひいてはビジネス改革をもたらすイノベーションを提供できると期待しております。

<エコモット株式会社について>
エコモットは、IoT時代を先導するIoT/M2M専業のソリューションベンダーです。 2007年の設立以来、IoTに特化した製品開発のみならず営業、運用、管理の全てを一貫して行える体制を整え、ワイヤレスコネクティビティを実現する多彩な製品の普及に取り組んできました。IoT技術を活用し、「見える化」を「安心」につなげるさまざまなサービスを展開しています。

会社名:エコモット株式会社
所在地:北海道札幌市中央区北1条東2丁目5番2号 札幌泉第1ビル 1階
設 立:2007年2月19日
資本金:5,350万円
代表者:代表取締役 入澤 拓也
URL:http://www.ecomott.co.jp/



  • このエントリーをはてなブックマークに追加