導入相談専用ダイヤル 03-5255-3410  [受付時間 平日9:30-18:00]

お問い合わせ

OMLINE-O | Salesforceで始めるLINEマーケティング

OMLINE-Oのご紹介

こんな課題、ありませんか?


●Eメールや電話だけでなく、ユーザーと繋がるチャネルを増やしたい
●メールや電話での販促活動で効果が上がらなくなってきた
●集客や販促施策を強化し、店舗への来場を促したい
●購入後のアフターサポートなど、顧客の囲い込みをしたい
●ブランドメッセージを配信し、ファンを増やしたい

写真:4人の男女がスマホを見ている

Salesforceで始めるLINEマーケティング

OMLINE-O(オムリン オー)は、SalesforceとLINEの法人向けサービス「LINE公式アカウント」を連携し、メッセージ配信からユーザーの管理までをSalesforceで一元管理できるサービスです。

SalesforceとLINEを連携させることで、LINE公式アカウントだけでは難しかった細かなターゲット配信を実現し、お客さま一人ひとりにあったLINEマーケティングを可能にします。またターゲティングにより、無駄な配信通数を減らし、メッセージ配信のコストを最適化できます。

イラスト:Salesforceから個人へLINEが送信される

LINE公式アカウント 3つの特徴

1. 幅広い属性のお客さまを対象にできる

国内人口の2人に1人以上が利用するプラットフォーム

LINEの国内月間利用者数は8,100万人*と、国内人口の64%以上にもなります。利用ユーザーの地域や性別はさまざまで、利用者の属性に偏りはありません。

マーケティングにLINEを利用することで、あなたのお客さまや、今後お客さまになる可能性の高い方たちとの接点を増やすことができます。


*LINE社調べ 月間アクティブユーザー 2019年6月末時点

イラスト:日本地図

2. お客さまにメッセージが伝わる

ユーザーのおよそ86%がLINEを毎日利用*

日常的にLINEを使用している方の割合が多いので、LINEでのメッセージなら抵抗なく受け取れるという方が増えています。電話やメールでは”営業”だと敬遠されがちな情報も、LINEを使うことで、お客さまに伝わりやすくなります。

LINEの新着メッセージは、ポップアップ表示などにより、ユーザーの目に留まりやすく、メルマガに比べて開封率が高いという特徴があります。


*LINE for Buisiness サービスガイド
*LINE社調べ MAUにおけるDAU(Daily Active User)の割合 2019年6月末時点

イラスト:スマホの通知に気づく女性

3. お客さまとのつながりを強化できる

継続的なコミュニケーションを実現

LINEは、認知からブランディング、顧客獲得まですべてのフェーズにご活用いただけます。継続的なコミュニケーションがあなたの商品の信頼性を高め、お客さまとの距離を縮めてくれます。

リピーターやコアファンの育成など、顧客生涯価値を最大化したいとお考えの方に最適です。

イラスト:握手

Salesforceで管理する3つのメリット

1. 情報の一元管理

CRMデータに基づくLINEマーケティングを実践

複数チャネルにまたがっていた顧客情報をSalesforceで一元管理できるようになります。Salesforceは拡張性が高いので、自社のビジネスに合わせて、独自の管理項目を顧客情報に付与できます。

Salesforceの活用により、顧客の属性情報や購買履歴など、CRMデータに基づいたLINEマーケティングを実践でき、お客さまに寄り添ったメッセージを打ち出せます。

イラスト:LINEの情報がSalesforceに入る

2. One to Oneコミュニケーションを実現

セグメント配信

Salesforceのお客さま情報に合わせて配信対象を絞り込んだり、お客さま個別の情報を差し込んだメッセージを自動作成できます。

また、セグメント配信をすることで、無駄な配信通数が減り、マーケティングコストの削減にも繋がります。

※Salesforce内のリード、取引先責任者、カスタムオブジェクトのデータを差し込みや配信の条件に活用できます。

イラスト:3名の男女へ内容の違うLINEメッセージが送られる

3. インバウンドとの併用で、充実したカスタマーサポート

お客さまからのお問い合わせにもLINE対応

LINE経由のお問い合わせには「OMLINE-I」が最適です。OMLINE-Iは、電話やメール等のチャネルと同様にLINEからのお問い合わせをService Cloud上で一元管理します。
メッセージ配信とお問い合わせのチャネル双方にLINEを使用することで、お客さまに寄り添った手厚いサポートを実現します。
*OMLINE-Iは、2019年冬にAppExchange化予定です。

イラスト:OMLINE-IとOMLINE-Oの関係図

活用例

顧客単価の向上に

イラスト:チケット

キャンペーンのお知らせや店舗への来訪を促すクーポンの配信にご利用いただけます。即時性に強く、開封率が高いためユーザーへの訴求力が強く、オンラインからオフラインへの行動を促すO2Oコミュニケーションにも効果的です。

顧客維持や
ブランディングに

イラスト:ニュースと書かれた書類

新商品の案内をはじめ、製品情報の周知にご活用いただけます。実店舗での接客では伝えきれない情報や製品の使い方など、継続して情報を発信することで、顧客との繋がりを維持します。また、画像での訴求が可能なこと、継続的なコミュニケーションが取りやすいことから、製品や企業イメージを構築するブランディング手段としても、有効です。

顧客満足度の向上に

イラスト:顧客の女性とハートマーク

お客さまの契約状況によって配信対象を絞り込み、サービスや契約に関するお知らせのご連絡にお使いいただけます。Salesforceに登録されている項目や値をテキストメッセージの中に差し込んで送信することもできます。日常的に利用しているLINEのプラットフォーム上で情報の確認を行えるので、利便性が高く、顧客満足度が高まります。

価格表

小規模ユーザー 中規模ユーザー 大規模ユーザー
月額固定料金\30,000\150,000\500,000
無料メッセージ通数45,000通 300,000通3,000,000通
追加メッセージ料金1円/通0.5円/通0.3円/通

・上記価格にはSalesforceライセンス、LINE関連の費用は含まれておりません。
・契約期間は1年毎、お支払い条件は利用開始月末請求、翌月末までのお支払いになります。
・上記価格に消費税が別途加算されます。

テラスカイが提供するLINE関連サービス

OMLINE-O | Salesforceで始めるLINEマーケティングについてもっと知りたい

資料ダウンロード

サービスのご利用にお役立てください。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
[お電話でのご相談] 03-5255-3410
[受付時間] 平日 9:30〜18:00

利用規約

テラスカイサービス利用規約は、こちらからダウンロードできます。
OMLINE-Oのサービス利用規約は、こちらからダウンロードできます。

お問い合わせ

導入相談専用ダイヤル

03-5255-3410受付時間 平日9:30-18:00

導入をご検討中のお客様

テラスカイ製品のご購入をご検討中の方や、テラスカイへのお問い合わせは、こちらからお寄せください。

お問い合わせ

製品をご契約中のお客様

テラスカイ製品をご利用のお客様の技術的なお問い合わせは、こちらからお寄せください。

技術的なお問い合わせ

トップへ戻る