導入相談専用ダイヤル 03-5255-3410  [受付時間 平日9:30-18:00]

お問い合わせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本M&Aセンター、SkyVisualEditorで顧客管理画面を自社開発しマッチング業務の効率化を実現

2019年2月19日
株式会社テラスカイ

日本M&Aセンター、SkyVisualEditorで顧客管理画面を自社開発しマッチング業務の効率化を実現

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下:テラスカイ)は、株式会社日本M&Aセンター(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:三宅 卓、以下:日本M&Aセンター)がSalesforceの画面開発ソリューションにSkyVisualEditor(以下:SVE)を採用したことを発表します。

このリリースをPDFで開く

日本M&Aセンターでは、理想的なM&A成約を実現するため、独自のノウハウに基づいた多種多様な企業情報をデータベース化しています。2014年にSalesforceを導入し、全国で活躍するM&Aコンサルタントが収集した情報や、ホームページから入る問合せ企業の情報などを一元管理しています。Salesforceにある必要な情報のみを帳票化し印刷したいという現場ニーズに応えるため、帳票化を実現し、且つSalesforceの画面開発を容易に行えるSVEの導入に至りました。さらに、マッチング業務の効率化のために、検索画面についても開発を進めました。

日本M&Aセンターは、SVEのGUIで画面を開発できる点と、テラスカイが提供するユーザーサポートや自習教室(SVEアドミンカフェ)といった機会を活かし、内製により迅速に開発を進めました。

■SVEによる主な開発画面と効果
    • 必要項目のみが記載された企業情報印刷画面
      • 企業情報を印刷する場合には複数枚にわたってしまう、不必要な情報が含まれるといった課題があり、SVEで独自の印刷画面を開発することで解決した。
    • 企業情報・M&A情報の検索システム
      • マッチング業務を効率化させるため、約15項目の条件を設けた検索画面を開発。
        これにより、マッチング業務が大幅に効率化し、スピーディな提案と成約に貢献した。
    株式会社日本M&Aセンター データマーケティング部 部長 菊地原 拓様

    「Salesforceを導入した当初は、外部のシステム会社に頼り独自システムを追加するなどして利用しており、ビジネスや最新機能への対応が難しい状況でした。Salesforceのように、改善や新機能追加といったアップデートが頻繁に行われるプロダクトの場合は、自社の業務に合うようにシステムを変えていくよりも、業務をプロダクトの設計思想に合わせた方がビジネスの効率が良いと気づきました。SVEで画面を内製化することにより、Salesforceの機能を活かしながら、ユーザビリティを追求することができるようになりました。」

    <株式会社日本M&Aセンター>

    日本M&Aセンターは、中堅・中小企業の友好的M&Aの支援企業です。東京本社、大阪支社、名古屋支社、福岡支店、札幌営業所、中四国営業所、沖縄営業所の国内7拠点で全国をカバーしています。また、シンガポール・オフィスを開設し、アジア全域をカバーしています。

    <SkyVisualEditorについて>

    「Salesforceの標準レイアウトでは実現できない自由なレイアウトや、入力支援機能を備えた画面を、Visualforceでコーディングすることなくドラッグ&ドロップで作成できるサービスです。複数オブジェクトの一括入力画面や、検索から直接編集/新規作成するような画面、帳票と同じデザインの画面など、自由に作成できます。
    https://info.skyvisualeditor.com/

    *本文中に記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

導入相談専用ダイヤル

03-5255-3410受付時間 平日9:30-18:00

導入をご検討中のお客様

テラスカイ製品のご購入をご検討中の方や、テラスカイへのお問い合わせは、こちらからお寄せください。

お問い合わせ

製品をご契約中のお客様

テラスカイ製品をご利用のお客様の技術的なお問い合わせは、こちらからお寄せください。

技術的なお問い合わせ

トップへ戻る