> ニュース > 2017年のニュース > AWSの稼働状況自動レポートシステムの提供を開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AWSの稼働状況自動レポートシステムの提供を開始

2017年6月30日
株式会社テラスカイ
テラスカイ、AWSの稼働状況自動レポートシステムの提供を開始

クラウド・インテグレーションとシステム連携に特化したサービスやソフトウェア開発を行なう株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下:テラスカイ)は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)上の、システムの稼働状況および、運用状況に関するレポート提供サービスを2017年6月より開始しました。

このリリースをPDFで開く

今回テラスカイが開発したHeroku基盤の自動レポート生成システムは、主にマネージドサービスプロバイダー(MSP)企業向けのサービスです。AWSの運用・監視の稼働状況の報告書を作成し、顧客に提供する際の報告書作成作業を支援します。障害などを含めた稼働状況のデータ集計からレポート作成までをすべて自動で行い、特記事項がある場合はコメントを追記したり、期間ごとの障害数の推移グラフの作成などが可能です。このサービスは月額課金モデルで提供いたします。

サービスイメージ図2.png
このサービスのアプリケーション基盤としてAWSとHerokuを採用しました。これにより機能拡張性が高く、業務に変更があった場合も柔軟に対応することができます。
テラスカイでは、今後Herokuを活用したサービスの提供及び、企業の環境構築の個別開発を積極的に行っていきます。

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※アマゾン ウェブサービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加