> ニュース > 2016年のニュース > 神奈川トヨタ、情報共有基盤としてソーシャルウェア『mitoco(ミトコ)』を採用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川トヨタ、情報共有基盤としてソーシャルウェア『mitoco(ミトコ)』を採用

2016年7月19日
株式会社テラスカイ
神奈川トヨタ、情報共有基盤として
ソーシャルウェア『mitoco(ミトコ)』を採用


クラウド・インテグレーションとシステム連携に特化したサービスやソフトウェア開発を行なう株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下:テラスカイ)が開発した次世代型グループウェア『mitoco(ミトコ)』を、神奈川トヨタ自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:市川 英治、以下:神奈川トヨタ)が、現在開発中の統合型情報支援システムにインテグレーションし、コミュニケーション機能を刷新する計画を決定。mitocoの導入とアプリ開発をスタートしました。

このリリースをPDFで開く

mitocoは、現代の働き方に合った自由なコミュニケーションを実現する次世代型グループウェアです。ビジネスコミュニケーションを社内に留めずパートナーや顧客など社外の人、またIoT技術によってモノやコトまで拡張することができる「ソーシャルウェア」という新しいグループウェアの位置づけで提供します。

この採用により神奈川トヨタでは、複数にまたがる社内コミュニケーションツールをSalesforce上に構築した自社システムと、同じくSalesforceのプラットフォーム上で稼働するmitocoの2つをシームレスに統合し、統合型情報支援システムの構築を目指します。店舗業務に沿って独自に開発した多機能なスケジュール管理アプリと、本社スタッフ用のmitocoのスケジュール管理との連携の他、自社開発の文書共有アプリとmitocoの掲示板を連携させます。また、グループ会社との間で利用する情報共有ポータルにも連携するなど、すべての情報コミュニケーションを統合し、さらにSalesforce上の顧客情報や営業情報とも一元的に管理することで、情報利活用の推進を計ります。神奈川トヨタは2016年7月よりこの実証実験をスタートし、2017年の全社展開とその後のグループ会社への横展開を視野に、先述の情報共有基盤の構築を目指します。

以下、コメントを頂戴しています。

【神奈川トヨタ自動車株式会社 取締役 企画部 部長 小間物 俊夫 様】
神奈川トヨタは、これまで業務単位で作業効率を改善する自社システムを開発し、それぞれ業務を最適化してきました。個々のシステムに分断された情報は、統合し相互連携することで利用用途が広がります。また、オンデマンドな情報アクセスが容易に出来て、情報伝達のスピードアップができれば、多様化したお客様ニーズに対して、正確で素早い対応を定常的に行えます。つまり、仕事の質と量が同時に改善でき、収益力の向上に大きく貢献します。そこで、非常に柔軟性の高いAPIを持つmitocoを採用し、この統合型情報支援システムを実現する為の実証実験をスタートさせることを決定しました。クラウドテクノロジーを最大限に活用したソーシャルウェア「mitoco」によって、社内コミュニケーションの最適化と素早い意思決定を実現したいと考えています。これまでも、テラスカイとはクラウドを活用した様々な業務アプリケーションの開発を行ってきましたが、さらなるパートナーシップが弊社グループのビジネスの発展に貢献すると確信しています。

-これまでのmitocoに関するプレスリリース-
■2016.4.12公開 新しいカタチのコミュニケーションで企業に革新をもたらす ソーシャルウェア『mitoco(ミトコ)』を開発
https://www.terrasky.co.jp/news/2016/04/-mitoco----.php

■2016.5.31公開 ソーシャルウェア『mitoco(ミトコ)』に 2つ目のIoT機能「車両管理オプション」を搭載
https://www.terrasky.co.jp/news/2016/05/mitoco-iot2-.php

※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加