> ニュース > 2014年のニュース > 「DCSpider」をアマゾン ウェブ サービスに対応
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「DCSpider」をアマゾン ウェブ サービスに対応


2014年12月22日
株式会社テラスカイ
テラスカイ、高まるハイブリッドクラウドのニーズに応えSalesforce専用連携ツール「DCSpider」をアマゾン ウェブ サービスに対応

 クラウド・インテグレーションとシステム連携に特化したサービスやソフトウェア開発を行なう株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、Salesforceとの連携に特化したデータ連携ミドルウェア「DCSpider」を、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)との接続を容易にするAmazon Web Services 用アダプタに対応させます。 これにより、企業システムのクラウド化の時流によりエンタープライズでの利用が加速するAWSとの連携の選択肢として、企業はクラウド間連携サービス「SkyOnDemand」だけでなく「DCSpider」を選択できるようになります。

 例えば、オンプレミスとSalesforceのデータ連携を目的としてDCSpiderを既に導入していた企業がAWSを導入してハイブリッドクラウド化したい場合や、ハイブリッドクラウドが目的だがシステム連携の接続先に社内システムを含むため、社内規程により連携サーバは社内に置かなければならない場合などに、DCSpiderにAmazon Web Services 用アダプタを追加すれば、SalesforceとAWS、社内システム間のデータ連携を容易に実現できます。

DCSpider向けのAmazon Web Services 用アダプタは、12月22日(月)より提供を開始します。

■提供価格
Amazon Web Services用 アダプタは、DCSpiderのオプションとして提供します。
 ライセンス費用:500,000円(税別)
 年間保守費用 :100,000円(税別)


<「DCSpider」の特長>

 DCSpiderは、Salesforceとの連携に特化したデータ連携ミドルウェアです。DCSpiderの持つ多くの機能と操作性の良さが、短期間での効率のよい連携開発をノンコーディングで実現します。
DCSpiderの詳細は、https://info.skyondemand.net/dcs/ で、ご覧いただけます。

<株式会社テラスカイについて>

 テラスカイは、クラウドとシステム連携を核とするソフトウェア開発・コンサルティング事業等を行なっています。創業時よりセールスフォース・ドットコム社のコンサルティングパートナーとして、多くのお客様への導入サービスを行なってきました。その実績により培ったノウハウを基に、お客様の業務効率を高める革新的なソリューションを提供しています。テラスカイの詳細はhttps://www.terrasky.co.jpで、ご覧いただけます。

 名称:株式会社テラスカイ
 設立:2006年3月
 資本金:2億7417.5万円
 代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉

※アマゾン ウェブ サービス、AWS、およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■本件に関するお問い合わせ先

□株式会社テラスカイ
マーケティング&コミュニケーション 担当:田中
TEL:03-5255-3410 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加