> ニュース > 2014年のニュース > テラスカイ、データ連携POCパックを提供開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テラスカイ、データ連携POCパックを提供開始


2014年8月28日
株式会社テラスカイ
テラスカイ、データ連携POCパックを提供開始
AWS導入検討時にデータ連携を含めた検証を実現



  クラウド・インテグレーションとシステム連携に特化したサービスやソフトウェア開発を行なう株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、データ連携も含めたアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS) の動作検証を行うことができる検証環境を提供する「データ連携POCパック」の提供を、9月1日(月)より開始します。

  企業がAWSを導入する際、AWS単独で稼働するシステムは少なく、AWSとオンプレミスの社内データなどとのデータ連携要件が少なからず発生しています。それに対し、AWSの導入検証はAWSのみで実施し、連携部分については計算上の想定で検討し、実際のシステム開発時に想定のスペックでは足りないことが判明したり、システム構成から見直さなければならないといった手戻りが発生していました。

  このような課題を解決するため、データ連携を検証環境とセットにして提供するのが、データ連携POCパックです。データ連携POCパックでの事前検証は以下のようなメリットがあります。
  ・やりたいことがAWSで実現可能か、事前確認できる
  ・社内システムとの連携方式や性能を、検証した上で選択できる
  ・どのような構成が最適か、試して確認できる
  ・スペックはどの程度必要か、システム全体で検証できる

データ連携POCパックには、以下が含まれます。
●クラウドサービス利用料
AWS利用料金
  Amazon S3 100GB
  Amazon RDS(MySQL m1.medium)100GB
SkyOnDemand利用料

●エンジニア作業
AWS環境構築作業
SkyOnDemand初期設定
SkyOnDemandスクリプト作成

  このデータ連携POCパックは、検証期間30日間で、36万円で提供します。テラスカイは、初年度100社への提供を目指します。

■『AWS Cloud Storage & DB Day 2014』に出展します
  9月9日(火)にアマゾン データ サービス ジャパン株式会社が開催するAWS Cloud Storage & DB Day にテラスカイは出展し、今回発表した新サービスをご紹介します。


<「SkyOnDemand」の特長>
  「SkyOnDemand」は、クラウドとの連携に特化したクラウド型システム連携サービスです。 「クラウド⇔社内の基幹システム」間、あるいは、「クラウド⇔クラウド」間のデータ連携をドラッグ&ドロップで設定することができ、短期間で柔軟な連携構築を実現します。
  ・ 4大クラウドなどのパブリック・クラウドに対応
  ・ 連携処理構築に必要な操作のすべてを、ブラウザ上のインターフェースに統合
  ・ クラウドとの連携に特有の機能を実装
  ・ テストなどに利用できるクローン環境(プレリリース環境)を提供
  ・ 月額料金制のため、低コストでの導入、維持が可能



<株式会社テラスカイについて>
  テラスカイは、クラウドとシステム連携を核とするソフトウェア開発・コンサルティング事業等を行なっています。創業時よりセールスフォース・ドットコム社のコンサルティングパートナーとして、多くのお客様への導入サービスを行なってきました。その実績により培ったノウハウを基に、お客様の業務効率を高める革新的なソリューションを提供しています。テラスカイの詳細はこちら にてご覧いただけます。

  名称:株式会社テラスカイ
  設立:2006年3月
  資本金:2億4,730万円
  代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉

■本件に関するお問い合わせ先

□株式会社テラスカイ
マーケティング&コミュニケーション 担当:田中
TEL:03-5255-3410 

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※アマゾン ウェブ サービス、AWS、およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加