> ニュース > 2011年のニュース > 【プレスリリース】SkyVisualEditorをバージョンアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【プレスリリース】SkyVisualEditorをバージョンアップ

2011年11月7日
株式会社テラスカイ
- Salesforce のフォームを自在設計できる世界で初めてのツール-
テラスカイ、SkyVisualEditorをバージョンアップ

  クラウド・インテグレーションとシステム連携に特化したサービスやソフトウェア開発を行なう株式会社テラスカイ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、Salesforce CRM、及びForce.comの画面を自在に作ることができるツール「SkyVisualEditor」*に新たな機能を追加し、11月8日(火)より提供開始します。

*「SkyVisualEditor」は、2007年8月のサービス開始当初より「SkyEditor」と呼称していたサービスと同一のものです。2010年10月にSaaS 型のサービスパッケージとして「SkyVisualEditorV2.0」を提供し、今回のバージョンアップで「SkyVisualEditorV2.2」となります。

【バージョンアップの背景】
  テラスカイでは、600案件を越えるSalesforce を使用したSI事業で培ったノウハウをもとに、誰にでも簡単にSalesforce の画面設計ができるツールとして、「SkyVisualEditor」を開発しました。こうしたツールをSaaS 型のサービスパッケージとして提供したのは、世界でも初めてのサービスであり、現在も同様のサービスはありません。
このツールをお使いのユーザから、「画面設定が非常に簡単で使い勝手は良いが、自社固有のロジックも組み立てたい」など、より高度な可用性を求める声が寄せられるようになりました。また、複数のクラウドサービスを使う際の連携機能の強化も求められてきました。
今回、そうしたユーザの要望に沿った改良を行い、新バージョンとして提供することとしました。

【おもな新機能】
1. Apexコードの追加が可能に
SkyVisualEditorの機能以外に、ユーザ固有の処理を追加することが可能になりました。SkyVisualEditorのクラスを継承したApexクラスを作成することができ、カスタムボタンから独自処理の呼び出しや、処理結果を表示画面の値に反映させることができます。これにより、ユーザ企業の独自の設定への対応を可能にします。

2. 入力項目のイベントにJavaScriptを指定可能に
オブジェクト項目の入力項目に、カスタムボタンと同様にJavaScript処理を実行させることが可能になりました。マウスクリック時だけではなく、キーボード操作やマウス操作、値変更時等の実行タイミングにてJavaScript処理を実行指定することができます。

3. SkyOnDemand**との連携を可能に
データ連携サービスである「SkyOnDemand」と連携が可能になりました。Studioに追加された「SkyOnDemand連携」ボタンを画面上に配置し、作成した画面上でボタンを押下するだけでSkyOnDemandの処理を呼び出すことが可能です。

なお、詳細な追加機能については、こちらにてご覧いただけます。
**「SkyOnDemand」は、「クラウド⇔社内の基幹システム」間、あるいは、「クラウド⇔クラウド」間のデータ連携を、SI事業者へ依頼することなく、ユーザ自身がドラッグ&ドロップで簡単に設定できるテラスカイのSaaS型サービスです。

【SkyVisualEditorのサービス概要】
  これまで、Salesforceの画面は、シンプルな基本サービス内の機能で作成するか、SI事業者などプロフェッショナルな技術者へ開発依頼することが一般的でした。基本サービスの画面は、最大2列のデータ表示で、フォント変更ができない、テーブル表示ができないなど、複雑なフォームを設計するには不便でした。また、SI事業者への委託でも、フォーム構築には、時間やコストが膨大にかかるなど、初期費用が安価で、すぐに利用できるサービスとして人気のSalesforceを活用しながら、大きなコスト負担が強いられていました。
  こうした問題を解決するツールとして、SaaS型サービス「SkyVisualEditor」を開発・サービス提供しています。「SkyVisualEditor」は、コーディングすることなくマウス操作だけで、Salesforceの入力・参照フォームを作成することが可能です。画面開発のニーズが高い画面のテンプレートを用意しており、ウィザード形式で簡単、迅速に画面作成できます。背景画像を使うことにより、帳票やシステム移行前と同じ画面をSalesforce上で表示するなど、Salesforceの画面作成を大幅に簡略化できるツールです。現在までで、サンプル使用も含め国内100社以上で使用されています。

<提供価格>
SkyEritor2.2.png

【株式会社テラスカイについて】
  テラスカイは、クラウドとシステム連携を核とするソフトウェア開発・コンサルティング事業等を行なっています。創業時よりセールスフォース・ドットコム社のコンサルティングパートナーとして、多くのお客様への導入サービスを行なってきました。その実績により培ったノウハウを基に、お客様の業務効率を高める革新的なソリューションを提供しています。テラスカイの詳細はこちらにてご覧いただけます。

■本件に関するお問い合わせ先
□株式会社テラスカイ
マーケティング&コミュニケーション
担当:田中 有紀子
TEL:03-5835-0480 
または
□共同PR株式会社
担当: 吉江、長谷川
TEL:03-3571-5176 

※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加