> ニュース > 2011年のニュース > SkyEditorバージョンアップのお知らせ V2.1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SkyEditorバージョンアップのお知らせ V2.1

<AppExchange SkyEditorバージョンアップのお知らせ>

2011年6月14日にSkyEditorの新機能を追加を致します。
今回の機能追加は以下となります。

1.ヘルプテキストの表示
  Salesforce標準画面の様にヘルプテキストを表示することができます。
  ヘルプテキスト文言はSalesforceにて設定、又はSkyEditorにて設定が可能です。

2.セクションヘッダー色・文字色の変更
  一覧から選択して色を変更出来たり、HTMLの色コードで指定をすることができます。

3.列ラベル(テーブルヘッダー部)結合
  データテーブルの列ラベルを選択し、結合することができます。

4.1レコード複数行表示
  データテーブルのレコードを複数行に表示することができます。

5.画面サイズテンプレート
  スマートフォンなどの画面サイズに合わせたページを容易に作成することができます。

6.複数レコード一括編集・一括削除
  チェックを入れたレコードの項目値の一括編集や、レコードデータの一括削除ができます。

7.セールスフォース API 21.0対応

8.英語化対応(マルチ言語化対応)
  SkyEditorの言語設定を変更すると英語環境にて使用が可能です。また、Salesforceの
  言語設定変更のみで複数言語にて利用できる画面を作成することが可能です。

9.一括デプロイ
  過去に保存したページをまとめて再度デプロイ可能。また、他のSalesforce組織への移行
  も可能になります。

10.他項目への表示/非表示反映
  チェックボックスのON/OFFのアクションによって、他項目への表示/非表示を切り替える
  ことができます。

11.フォーカスアウト時に計算
  保存をしなくてもフォーカスアウトをした時点で計算結果が表示されます。

12.明細の横方向・縦の計算
  同一レコード内の項目間計算(例:数量×単価)や、レコードデータの集計値を算出する
  ことができます。

13.計算結果を保存する/しないの選択
  計算結果を項目にセットするか、計算結果を項目ではなく画面上にのみ表示をするか
  選択できます。

14.ヘッダー項目間の計算
  主オブジェクトの項目間での計算も設定できます。

15.ルックアップ先の値反映
  ルックアップ画面で選択したレコードの中の各値を、呼び出し元画面にセットすることが
  できます。

16.ページレイアウトからSkyEditorフォームを作成
  スタジオで、既存のSalesforceのページレイアウトを関連リスト付きで読み込むことが
  できます。

17.親子オブジェクトの一括コピー
  画面に表示しているオブジェクト(主オブジェクトのみ、又は親子オブジェクト)を一括で
  コピーできるボタンを配置できます。

18.複数ユーザーによる開発
  ページを共有し共同で編集・デプロイできるユーザーを最大10名まで登録できます

-----------------------------------------------------------------------------------
●バージョンアップ日時より『前』に作成したVisualforceを使い続ける場合
  ⇒パッケージの更新は不要です。現状のパッケージでお使い頂けます。

●バージョンアップ日時より『後』にもVisualforceを新規作成したり、既存Visualforceを編集したりする場合
  ⇒パッケージの更新が必要になります。
※更新するパッケージのURLは、SkyEditor2ポータル画面、又は AppExchange2サイトよりご確認ください。
-----------------------------------------------------------------------------------


▼当バージョンアップのリリースはこちら▼
SkyEditorバージョンアップ リリースページ

▼製品の詳細ページはこちら▼
SkyEditor製品ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加