> ニュース > 2009年のニュース > 「奉行シリーズ」と「Salesforce CRM」をSaaS型で連携する「SkyOnDemand for 奉行」を4月16日より販売開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「奉行シリーズ」と「Salesforce CRM」をSaaS型で連携する「SkyOnDemand for 奉行」を4月16日より販売開始

2009年4月16日

NTTソフトウェア株式会社
株式会社テラスカイ
株式会社オービックビジネスコンサルタント

中堅・中小企業のITコスト削減と経営情報活用に貢献

「奉行シリーズ」と「Salesforce CRM」をSaaS型で連携する
SkyOnDemand for 奉行」を4月16日より販売開始

NTTソフトウェア株式会社(以下、NTTソフトウェア 本社:東京都港区、代表取締役社長:伊土 誠一)と株式会社テラスカイ(以下、テラスカイ 本社:東京都台東区、 代表取締役社長:佐藤 秀哉)は、株式会社オービックビジネスコンサルタント(以下、OBC 本社:東京都新宿区、代表取締役社長:和田 成史)と共同で「Salesforce CRM(※1)」と基幹業務の情報を連携させ、経営の可視化やデータの利活用を容易に可能とするSaaS(Software as a Service)提供型の連携基盤サービス「SkyOnDemand for 奉行」を4月16日よりサービス開始します。

このサービスは、SaaS上で運用される各種コンテンツ同士のデータ連携を可能とし日々発生する基幹データとCRMで運用される営業活動や取引情報とをスピーディーに連携させ、経営の可視化による経営判断情報を提供することを可能にします。 SaaSの弱点とされてきた各種コンテンツ同士のスピーディーなデータ連携やデータ活用を可能にし、開発コストの低減と短納期が図れ、経営判断のための情報を迅速に利活用できます。本サービスは、OBCの販売網を通じて全国で提供します。

【開発の背景】
「Salesforce CRM」や「奉行シリーズ」に、それぞれ蓄積されている顧客情報、売上情報、在庫情報などのデータを連携するためには新たな開発が必要でした。そのため多くの中堅・中小企業ではデータ連携を行わずに「顧客情報の二重投入」や「経営情報編集に時間がかかる」などの問題を抱えていました。今回、サービス開始する「SkyOnDemand for 奉行」は、「Salesforce CRM」と「奉行シリーズ」に特化したデータ連携を行うため、利用企業は「入力作業の効率化」や「迅速な顧客対応、経営分析」が可能になります。

【シェアトップのソリューションとサービスの結合によるメリット】
中堅・中小企業向けERP市場と、CRMのSaaS市場でそれぞれトップシェアを占める「奉行シリーズ」と「Salesforce CRM」のデータを容易に連携できることで、既に導入済みの多くの企業や、これから導入を検討する企業は、新たな開発を行うことなく、低コストで経営データの有機的な活用が可能となります。

【SkyOnDemand for 奉行の特徴】
● データ連携のための新たな開発投資が不要
「奉行シリーズ」と「Salesforce CRM」に特化した『得意先情報の登録』、『商品マスタの活用』、『受注/売上データの連携』、『仕訳データの反映』など12項目のデータ連携テンプレートを標準装備しており、新たな開発コストをかけることなくデータ連携を短期間で実現します。
● システム利用者自身で、自社の業務に合わせた連携の設定が簡単に可能
システム利用者自身がガイダンス機能に従い、ブラウザ上から連携するデータ項目を設定するだけで、自社で利用する項目のデータ連携ができます。
●  安心安全な運用を実現可能
NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)が提供する「Salesforce over VPN(※2)」と連携する事で、高いセキュリティ・信頼性・品質のネットワーク環境で「奉行シリーズ」と「Salesforce CRM」のデータ連携が実行可能になります。

【SkyOnDemand for 奉行 販売価格(税抜)】
初期料金(初回のみ) 60万円から
月額利用料金  5万円から

【SkyOnDemandについて】
「SkyOnDemand」は、2008年10月よりNTTソフトウェアとテラスカイで販売を開始した、SaaSアプリケーションと社内システムのデータ連携を行うSaaS型システム連携サービスです。テラスカイが既にパッケージ型で提供しているシステム連携製品「DCSpider(※3)」を核として開発しています。今後、サービス内容の充実、各種SaaSアプリケーションへの対応拡張を行うことにより、活用度を向上させていく予定です。

【奉行シリーズ「奉行V ERP」について】
財務会計の「勘定奉行」を始め販売管理や人事管理など、中堅中小企業に最適化された基幹業務パッケージです。将来的なシステム拡張も容易で、豊富なオプションとソリューションを提供します。広い業務網羅性に加え、高セキュリティを保持し、内部統制にも最適な環境を提供するシステムとして、グループ企業での運用にも多く利用されています。「勘定奉行V ERP」は2009年4月に国際標準規格「ISO15408」認定を取得しました

(※1)Salesforce CRM:株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するSaaS(オンデマンド)CRMサービス。
(※2) Salesforce over VPN:「Salesforce CRM」を世界最高水準の品質、セキュリティ、信頼性を誇るNTT ComのVPNで利用できるサービス。2008年7月より販売開始し、多くの引き合いを頂いている。
(※3) DCSpider:「Salesforce CRM」と基幹システム等の企業内情報(各種データベース、メール等を連携できるテラスカイが開発・販売するパッケージソフト。

■NTTソフトウェア株式会社概要
NTTソフトウェアは、高度なネットワークテクノロジーとシステム構築力を基盤にIT経営戦略コンサルティングからシステム構築、保守、運用に至るまでをトータルに提供するソリューションサービスプロバイダです。パッケージ製品にシステムインテグレーションを組み合わせる「パッケージ型SI」と、顧客独自のシステムをすべて構築する「スクラッチ開発型SI」を、顧客のニーズに合わせて最適にソリューション提供するとともに、標準的な機能を抽出して独自ソリューションへも展開しています。

■株式会社テラスカイ概要
テラスカイは、SaaSとEAIを核とするソフトウェア開発・コンサルティング事業等を行っております。創業時よりセールスフォース・ドットコム社のNo.1コンサルティングパートナーとして、多くのお客様への導入サービスを行ってまいりました。その実績により培ったノウハウを基に、お客様の業務効率を高める革新的なソリューションを提供してまいります。

■株式会社オービックビジネスコンサルタント
業務ソリューション大手として「勘定奉行」をはじめとした基幹業務システム「奉行シリーズ」の開発・販売を中堅中小企業などの成長市場に向けて展開し、導入実績は55万社以上にのぼります。「奉行V ERP」は、多機能なコアパッケージに顧客に必要な多彩なオプションコンポーネントを選択して合わせるため、導入期間が短く、スケジュールも早期に確定できることから、システム刷新にかかるコストを低減でき、導入企業からも販売パートナーからも満足度の高いソリューションとして評価されています。

【一般の方のお問い合わせ先
NTTソフトウェア株式会社
営業推進本部
第二営業部 ソリューション営業部門
担当:中原
TEL:03-5782-7261
株式会社テラスカイ
営業部
担当:松岡
TEL:03-5835-0480
株式会社オービックビジネスコンサルタント
営業部
TEL:03-3342-1880

【報道関係のお問い合わせ先 】
NTTソフトウェア株式会社
コーポレートコミュニケーション推進部門
担当:山森、大岩
TEL:03-5782-7040
株式会社テラスカイ
広報担当:田中
TEL:03-5835-0480
株式会社オービックビジネスコンサルタント
広報室:高村
TEL:03-3342-1950

  • このエントリーをはてなブックマークに追加